2017年01月26日

博多天ぷら たかお(天神)…関東進出済みの博多天ぷらを現地にて

博多天ぷら たかお
九州福岡名物の食べ物と言えばアラ、ゴマ鯖、辛子明太子などの海鮮類に加え、
豚骨ラーメン、ひと口餃子、水炊き、もつ鍋、がめ煮などが思い浮かぶが、
最近関東に進出している“博多天ぷら”も気になるところである。
福岡出張の話の土産に、天神駅近くのパルコの地下の「たかお」に行く。

博多天ぷら たかお
平日昼12時20分くらいの入店で、ちょうど空いたカウンター席に座る。
12時台でもそこそこ席はうまっているものの席待ち客が並ぶことはなかった。
ただ、いくらテーブルが空いていても一人客はそこには案内してもらえないようで、
憮然とした表情で入店を諦めて去っていった人も見られた。

博多天ぷら たかお
たかおは店舗によっては食券制らしいが、この店舗は直接オーダー制だ。
せっかくの博多天ぷらだから普通に海老とかキスなどを食べても仕方ないと思い、
肉天定食980円と単品の対馬産活〆穴子280円を注文する。

博多天ぷら たかお
調べてみると、庶民派博多天ぷら店の代表格はひらおという店のようで、
たかおは二番手、三番手という位置づけらしい。
ただ、たかおはひろしょうという明太子の会社の経営であるため、明太子が食べ放題だ。
一方でひらおはイカの塩辛や高菜が食べ放題だという。

博多天ぷら たかお
注文してからすぐにバットや大根おろしの入った天つゆとともに、
昆布明太子と白菜の浅漬けが入った器が出て来る。
その昆布明太子をちびちびと食べながら天ぷらが出て来るのを待つ。

博多天ぷら たかお
注文から8分ほどで豚肉、鶏ささみ、単品注文の穴子が出て来る。

博多天ぷら たかお
私は豚肉の天ぷらが大好きだ。
何故なら子供の頃、家で作られる天ぷらには必ず豚肉が含まれていたからだ。
それを人に話すと、たいていびっくりされる。
だからこの齢になって堂々と飲食店で豚肉の天ぷらを食べられるのが嬉しいのである。

博多天ぷら たかお
豚肉の天ぷらをおかずに、昆布明太子をのせたご飯をかき込む。
昆布明太子は器にある限りは食べられるが、ご飯のお替りは有料のようだ。

博多天ぷら たかお
続いて、レンコン、ごぼうが、

博多天ぷら たかお
最後に鶏もも2個と茄子が出て来る。
いずれの天ぷらもとても美味かったが、
肉の天ぷらをこれだけたっぷり食べるとさすがに胸焼けしそうな感覚を覚えた。

博多天ぷら たかお
後で福岡出身の知人に聞けば、肉の天ぷらを食べる風習は福岡にはないという。
仙台の牛タンや盛岡の冷麺のように戦後広まったものかもしれないし、
佐野のラーメンや宇都宮の餃子のように商業上の理由で根付いたのかもしれない。
私にとっては豚肉の天ぷらを堂々と食べられる機会が増えればいいので、
博多天ぷらの生い立ちがどうであろうと首都圏進出は大歓迎なのである。

博多天ぷら たかお 福岡パルコ店天ぷら / 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:天ぷら
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 都外(神奈川県以外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。