2017年03月11日

黒猫夜(赤坂見附)…カウンター席にて中国酒を楽しむ

黒猫夜
久しぶりに中国酒を楽しみたい気分だから「黒猫夜」に行こうという話になる。
神田の高格がなくなってからは他に選択肢が思い浮かばない。
過去に銀座店六本木店には行っているので、この日は赤坂店に行く。

黒猫夜
赤坂見附駅出口近くの雑居ビルの3階にエレベーターで上がると、
六本木店のような重々しいドアはなく、既に店内である。
予約の名前を告げると6席あるカウンター席の一番奥に案内される。
土曜日の18時ちょうどの入店で先客は中年カップル客一組のみだったが、
19時過ぎにはグループ客などが訪れて店内の半分以上の席がうまった。

黒猫夜

黒猫夜

020.JPG

黒猫夜

黒猫夜
メニューは銀座店、六本木店と値段も含めて同一だ。
定番料理に加え、海鮮モノや野菜モノは季節によって入れ替る。

黒猫夜
まず最初の中国酒は黄中皇(ファンジョンファン)と神気(シンチー)。
“江南派”のカテゴリーに属する中国酒の中で若い男性店員がすすめてくれたものだ。
この店では、中国酒をいろいろと楽しみたいならカウンター席がいい。
この後もその店員のすすめを聞きながら妻と全6種の中国酒を一緒に楽しんだ。

黒猫夜
この日のお通しは牛スネ肉葱生姜ソース、定番の青海苔ピーナッツ、
そして干豆腐とあさりを蒸したものの三種。

黒猫夜
料理はまずバンバンジーサラダ950円+税

黒猫夜
続いてほたてと黄ニラ香味野菜の塩味炒め1,300円+税が出て来る。
ほたてはつい数日前に始まった春の季節料理の中の一品だ。

黒猫夜
三品目で出て来たのがマーラーピータン780円+税、これには完全に心を奪われた。

黒猫夜
ただ単に辛く味つけられたピータンが出て来るものと思っていたが、
ピータンに薄くコロモがつけられて揚げられていて、この食感がいい。
それほど辛くない、素揚げされてカリッとした食感の唐辛子がふんだんに入り、
いわゆる辣子鶏のピータン版という感じ。

黒猫夜
四品目は芝エビ胡麻フリッターマヨネーズ和え980円+税が出て来る。
もちろん自家製マヨネーズが使われていると思われ、酸味も甘みも強く、
お酒が進む味わいだった。

黒猫夜
この日の〆は自家製中国ハム、腸詰、ヨッペン入り土鍋ごはん1,100円+税を選ぶ。
ヨッペンは“肉餅”と書き、中国のハンバーグのようなものらしい。

黒猫夜
出された土鍋ごはんに店員が目の前でタレをかけてかき混ぜる。

黒猫夜
混ざったら土鍋のヘリにご飯を押しつけるようにならして完成だ。
米はタイのジャスミンライスを使っていて、若干おこげが出来ている。
タレには中国酒が入り、全体に甘めの味付けだ。

黒猫夜
食後にはいつも通り薬膳茶が出る。

黒猫夜
会計は二人で12,317円。
お通し代が一人800円+税、外税8%とサービス料5%の計13%が会計にかかる。
だから実際に注文している感じより必ず高く感じることになる。
ただ、接客は銀座店、六本木店同様に心地いいもので、
店員教育がしっかり行われていることが窺えた。
料理も接客も店舗間に優劣はないから、次にどの店に行くか迷いそうだ。

黒猫夜中華料理 / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

posted by こここ at 22:00| Comment(0) | 港区 赤坂、溜池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。