2017年04月15日

Pizzeria Terzo Okei(新橋)…若い頃なら通ったかも

Pizzeria Terzo Okei
不動前のVent E Mareも荏原中延のOcaも武蔵小山のトリプレッタも好きだ。
洗足のDA GRANZAや鮫洲のBakka M'unicaなどの新しい店も美味い。
でも『ピザは決定的にここだ』という店にはなかなか出会わない。
だから、ちょっとでも評判のいいピッツェリアを知るとすぐに行く。
土曜の今日は新橋の「Pizzeria Terzo Okei」に行く。


Pizzeria Terzo Okei
妻と六本木からのんびりと散歩し、店に着いたのが17時過ぎ。
予約は17時半だが、入れてもらうことにする。

Pizzeria Terzo Okei
実は、これがラッキーだった。
18時前の時間はスパークリングやワインが一人500円+税で飲み放題なのだという。
18時まで1時間近く、たっぷり時間がある。
私も妻もそれを頼むことにし、1杯目は共にスパークリングをお願いする。
お通しは自家製で燻製されたナッツが出る。

Pizzeria Terzo Okei
さて、この日の料理一品目はシェフの気まぐれサラダ850円+税である。
レタス、人参、玉ネギ、ヤングコーン、ピーマン、キュウリ等が入り、
透明の酸味のあるドレッシングがかかる、パスタ屋でよく見るタイプのサラダだ。

Pizzeria Terzo Okei
二品目は海の幸のセモリナ粉揚げ1,300円+税が出て来る。

Pizzeria Terzo Okei
エビ、イカ、小魚(小イワシ?)の盛り合わせで、レモンと塩が添えられるが、
何もつけないで食べても充分美味い。

Pizzeria Terzo Okei
さて、待ってましたのピザだが、
燻製モッツァレラチーズがのるマルゲリータ コン モッツァレラ アフミカータと、
五種のチーズがのるチンクエ フォルマッジとで迷い、結局ハーフ&ハーフにする。
生地の甘さ、焼き目の香ばしさはまずまず、燻製モッツァレラの香りが印象的だった。

Pizzeria Terzo Okei
18時まであとわずか、飲み放題のワインのピッチを上げ、赤ワインを注文する。
飲み放題の割には意外と飲み応えがあって美味い。

Pizzeria Terzo Okei
気がつけば店内はほぼ満席だ。
客層は20代後半から30代くらいの人が多く、ベビーカー連れの若い夫婦もいた。
厨房内の二人の若い男性店員は、常連風の男性一人客と談笑していた。
良く言えば賑やか、悪く言えば騒々しく、
二人客だと自動的にカウンター席になるのだが、椅子が高くて小さく座り心地が悪い。

Pizzeria Terzo Okei
〆は生クリームを使わないというローマ風カルボナーラ1,350円+税だ。

Pizzeria Terzo Okei
生クリームがなくともねっとり感がほどほどなのは全卵を使っているからだろう。
チーズは良質なパルミジャーノをその場で削って使っているようで、
更にベーコンも自家製に燻製されているようで、香ばしさがパスタ全体に広がる。
とても満足感の高いカルボナーラだった。

Pizzeria Terzo Okei
土曜日はすいていて穴場との情報だったが、やはり若い人向きの印象で、
落ち着いて食事したいという人は居心地の悪さを感じるかもしれない。
ピザやパスタはなかなか美味かったので、ちょっともったいない気がする。
その分、500円飲み放題のワインだけで早めに勝負に決着をつけるのもいい。
会計は二人で7,500円ほどだった。

ピッツェリア テルツォ オケイイタリアン / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。