2017年04月23日

PAUL(六本木一丁目)…休日昼のイートインは狙い目

PAUL
日曜の昼、虎ノ門ヒルズあたりから六本木方向に妻と散歩し、
小休止のカフェを探しに六本木一丁目の泉ガーデンへ。
目あての店は休みだったが、PAULに行ってみると、
「ただいまの時間は店内でパンを召し上がれます。」
と店頭に表示されているので、入店することにする。

018.JPG
確か平日や土曜の昼どきはイートインではレストランメニューしか食べられない筈だ。
しかしオフィス街で日曜は人通りが少ないためOKということなのだろう。
実際、昼12時ちょうどくらいの入店で全71席の店内は6割ほどの入りだった。
この店のイートインはベーカリーのイートインという簡素な感じではなく、
レストランの客席の雰囲気である。

004.JPG
席を確保した後でパンを選びに行く。
高級ブーランジェリーだけあって価格帯はジャン・フランソワ以上だ。

PAUL
結局購入はホットドッグ496円ミニパン・ショコ・ショコ147円
これにカフェ540円ハイネケン702円で、〆て1,700円を超える会計となった。

PAUL
ホットドックはフランスパンに太めのソーセージとホワイトソースが挟まり、
チーズがかかって焼き上げられている。

PAUL
太いソーセージが入るパンはときどき変な臭みがあることがあるが、
このパンは全くそういうことがなく、ソーセージは肉汁に溢れ旨味が強い。
高級店だけあって質のいいソーセージを使用しているのだろう。

PAUL
この手のパンならジャン・フランソワのソシソンの方が好みだが、
なかなか美味しかった。
なんと言っても席が広々としていて居心地が断然いい。
休日の昼にベーカリーカフェに行くことの多い我々にとって貴重な選択肢ができた。

PAUL 六本木一丁目店パン / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 港区 六本木、西麻布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。