2017年04月28日

まさむね(溜池山王)…開店40分前に店の前に立つ

まさむね
先日、関内の丸和に開店30分以上前から並んだ
この際だからもう一店、行列が嫌で行かなかったとんかつ屋も始末してしまおう、
という気持ちになり、
GW直前の平日の昼に「まさむね」に行く。

まさむね
午前10時50分に店の前に立ち、11時5分頃に中年サラリーマン二人客が後ろにつく。
この日の場合は11時ちょうどに来れば一番乗りになれたわけだ。
その後列は徐々に伸び、それでも11時20分頃は10人くらい。
11時25分に女性店員が出てきて注文を聞かれ、11時33分頃に開店となった。

まさむね
(画像クリックで大きくなります。)
注文はランチ上ロースかつ定食1,580円
ご飯とキャベツの大盛が無料と言われ、ご飯少なめ、キャベツ大盛りでお願いする。
店から漂ってくるカレーのスパイシーな香りがかなりのクォリティを察しさせたので、
ちょいがけカレー的なものができないか聞いたが、無いと断られた。

まさむね
この店にこれまで来なかった理由は行列だけではない。
ロース最上位メニューの特ロースかつ定食を昼に注文することができないのだ。
私は一日一食生活で平日の夜は何も食べない。
特ロースを注文できない昼に並んでまで来ようとは思わなかったのである。

まさむね
注文から16分ほどで上ロースかつ定食が出来上がってくる。
白菜ときゅうりの漬物、具沢山で生姜の効いた豚汁、小皿の醤油がつく。
レモンをしぼって岩塩か醤油かで食べるのがおすすめだと言われる。
まずは卓上のドレッシングでこんもりと大盛の千切りキャベツを平らげる。

まさむね
かつは肉の厚みが最大2pくらい、肉だけで230〜240gくらいはありそう。
銘柄肉の和豚もちぶたを使用しているという。
和豚もちぶたのとんかつはつい先日、川崎市のくらやで食べたばかりだが、
それに比べ、こちらの店は中心までしっかり火が入っている。

まさむね
食べてみると、赤身も脂身もそれなりに旨味があってなかなか美味いが、
やはり火が入り過ぎているように思った。
パサつくとまでは言えないがしっとり感に欠け、硬く感じる箇所もあった。
岩塩も醤油もソース+辛子も、いずれもまずまず合った。

まさむね
中温程度で揚げられ、やや厚めのコロモはサクッとしていたが、
キャベツと接している面は徐々に水を吸って肉から剥がれやすくなった。

まさむね
あらためて夜に来て上位の特ロースかつを食べたいとは思わなかった。
また40分も並ぶかどうかはともかく、カツカレーはいずれ食べてみたい。
私が店を出た12時10分頃の外の列は18人だった。

まさむねとんかつ / 溜池山王駅赤坂駅国会議事堂前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 港区 赤坂、溜池 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。