2017年05月08日

シャルティエ(荏原中延)…おばちゃん集会の喧騒の中でパスタを喰う

シャルティエ
連休明け初日の月曜、所用で池上線を荏原中延駅にて降りたのが14時20分頃。
住まいからの最寄駅だから周辺の大抵の飲食店には行ったことがある。
行ったことがない店といえば・・・シャルティエだ。
6年半前にオープンしたときから気になっていたが、
店頭でテイクアウト用に売られているメンチカツを買ったことしかなかった。
ランチ難民を避けるには早い決断が必要、と思い立ってすぐに店に入る。

シャルティエ
昼の閉店の10分前だというのに店内は大盛況だ。
一卓だけ空いていた4人用テーブルにつき、メニューを見る。
ランチメニューは7種、その内日替りはパスタ、肉、魚の三種だが、
その日替りの肉と魚は終わってしまったそう。

シャルティエ
本日のパスタはソーセージと茸の塩味のスパゲティーとのことで、
本日のパスタランチ950円大盛150円で注文する。

シャルティエ
地元風のおばちゃん集団客が二組、食後のコーヒーとおしゃべりを楽しんでいる。
けたたましい笑い声が間断なく店内に響く。
隣席の若い女性一人客はイヤホンで音楽を流して笑い声を遮っている。
その、イヤホンから漏れて来るシャカシャカ音もあまり心地いい音ではない。
店のせいではないかもしれないが、居心地は最低だ。

シャルティエ
注文から5分後にセットのサラダと二切れのバケットが出て来る。

シャルティエ
そして注文から17分くらいして、パスタが出来上がってくる。
見た目に大盛はなかなかのボリュームだ。

シャルティエ
いわゆるペペロンチーノ風でニンニクはほどよく効いている感じ。
茸はエリンギとシメジでソーセージはサルシッチャじゃなく普通のソーセージだ。
私はこういうスーパーで売っているような普通のソーセージが好きだから、これでいい。
乳化の度合いはまずまずで水分が若干浸み出している程度だった。
この残り汁にパンをちぎって浸して食べるとなかなか美味かった。

シャルティエ
乾麺スパゲティ使用で、麺の茹で加減はやや軟らかめか。
玉ネギが入っていたのはいただけなかった。
玉ネギは日式ナポリタン以外のすべてのパスタ料理に合わない。

シャルティエ
壁には空のワインボトルがぎっしり並んでいて、夜はワイン居酒屋のようだ
きっと一般的な洋食メニューも取り入れた背伸びしないビストロなのだろう。
夜の客層を知りたいところだ。

シャルティエフレンチ / 荏原中延駅中延駅戸越駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

ラベル:パスタ
posted by こここ at 17:30| Comment(0) | 品川区 戸越、中延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。