2017年05月09日

そば 天丸(都筑ふれあいの丘)…偶然発見の路麺店

そば 天丸
綱島で所用を終えたのが15時前、次の用事が青葉台で16時。
完全にランチ難民だ。
牛丼でも仕方ないかな、なんて思いながら一般道を車で走っていると、
ちょうど赤信号で止まった交差点に、路麺っぽい雰囲気のそば屋を見つける。
ラッキー、とばかりにその「そば 天丸」の専用駐車場に車を入れる。

002.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入店し、入口脇の券売機の前に立つ。

008.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
うどんはなく、そば、丼、カレーのメニュー構成となっている。
そばは普通のそばと田舎そば、更級そばがあり、この日は更級そばはないよう。
強烈に腹が減っているので、硬くて太い田舎そばが気分だ。
田舎天ぷらそば790円ちょい豚めし230円の食券を買い、カウンターに出す。
そばは温・冷、冷の場合ぶっかけ・ざるを指定でき、中盛、大盛が無料とのことで、
冷ぶっかけ、中盛を指定する。

012.JPG
店内は立ち食いスペースはなく全20席ほど。
この時間でも5人ほどの先客がいて、私の後からも数人の客が入ってきた。
道の向いに魁力屋があるのもかえって相乗効果になっているかもしれない。

014.JPG
注文から9分ほどで出来上がり、カウンターに取りに行く。
カウンター脇にねぎ、ワカメ、わさびなどが置かれ、これらをセルフで取る。
生玉子が一個サービスとなる。

034.JPG
さっそく出汁ツユにワサビを溶き、生玉子を落として食べる。

046.JPG
うーん、期待通りのゴワゴワ感だ。
私は東京生まれの東京育ちだが、どうも繊細な更級そばより無骨な田舎そばが好きだ。
育ちが良くないせいか、あまり上品なそばを成長期に食べなかったのだろう。
生玉子をからめてワシワシと食べる。

027.JPG
天ぷらは玉ねぎ、人参主体のかき揚げで、極小の海老やゲソも認められる。
こういう店ではチープなかき揚げの方が気分が合う。

031.JPG
ちょい豚めしは肉そば用と思われる甘辛く炒めた薄切り豚バラ肉がご飯に乗る。
これはちょっと甘すぎて好みに合わなかった。

050.JPG
そばが太いからか、出来上がるまでに意外と時間を要してちょっと焦ったが、
数分で平らげて次の仕事に間に合うことができた。
近くの席の女性客が食べていたカツカレーが美味そうだったので、
この辺りでランチ難民になりかけたら、また来よう。

ひょうたん蕎麦まえだそば(蕎麦) / 都筑ふれあいの丘駅センター南駅仲町台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市 青葉区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。