2017年05月11日

福満園(日本大通り)…四川っぽいものを注文すべきだったか

福満園
私は肉あんかけ焼きそばに目がない。
豚バラ生姜焼き、激辛カツカレー、スパゲティグラタンと同率1位だ。
中華料理屋に行ってメニューに肉あんかけ焼きそばがあると、十中八九注文する。
今日は横浜中華街の人気店「福満園」の肉あんかけ焼きそばである。

福満園
午前11時過ぎ、中華街のはずれにある本店に行く。
既に年配女性二人客が注文を済ませて料理が出るのを待っている。
女性店員に奥の二人用テーブル席に導かれる。

福満園

福満園

福満園
メニューを見る。
本来は四川料理店を謳う店なので麻婆飯や黒チャーハンを注文すべきだろうが、
もちろん豚肉細切り焼きそば900円+税大盛100円で注文する。

福満園
注文から12分くらいかかって出来上がってくる。
大盛はなかなかのボリュームだ。

福満園
具は細切り豚肉に小松菜、白菜、椎茸、タケノコが認められる。
中華街であんかけ焼きそばを頼むと肉系の具が乏しいことがままあるが、
この店の焼きそばは豚肉がたっぷり入っている。

福満園
食べてみると、麺は鹹水が多くて色の濃い細麺で、焼き目のつき具合は少々。
あんは醤油ベースの味でひと口目はまあまあ美味く感じるが、
食べ進むうちに単調でひと味足りないような印象になる。
味が薄いというわけではないのだが・・・

福満園
フロアの女性店員は私の後に来た客にしきりに麻婆飯や坦々麺を勧めていたので、
この店の人気、評判の源はそういう四川系の料理だったのかもしれない。
齢のせいか辛さにめっきり弱くなったが、いずれ激辛という麻婆豆腐を食べに来よう。
因みにメニューの価格表記は税抜だが、大盛の100円には税はかからなかった。

福満園 本店四川料理 / 日本大通り駅石川町駅関内駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市 中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。