2017年05月23日

ピッツェリア リアナ(関内)…企業経営的無機質さを感じる大箱イタリアン

ピッツェリア リアナ
みなとみらい線馬車道駅を降りて関内駅方向に歩く。
何となくパスタを食べたい気分で、
通りがかりにカジュアルイタリアン「ピッツェリア リアナ」を見つける。
店頭に出された黒板を見てパスタがあることを確認し、店内に入る。

008.JPG
午前11時5分くらいの入店で全80席の広い店内に先客は女性5人組客のみ。
私の後にすぐに続いて女性二人組客が二組ほど入ってきた。

ピッツェリア リアナ
ランチメニューのパスタは980円のA、B2種とスペシャルの1,200円が1種。
グランドメニューが見当たらず、他のパスタの注文が出来るかは不明だ。
Aのサルシッチャとマッシュルームのトマトソースが美味そうだと思ったが、
今日はナイキのウインドブレーカーを持っていないからトマトソースは危険だ。
Bセット980円キノコと明太子の白ワインソース大盛50円で注文する。

ピッツェリア リアナ

ピッツェリア リアナ
ランチセットはサラダ、ドリンク、フォカッチャが取り放題となっている。

ピッツェリア リアナ
糖質を摂る前にサラダをたっぷり食べられることはダイエット上とてもありがたい。

ピッツェリア リアナ
さて、この店は株式会社リアナが首都圏に7店舗ほど展開する内の1店だ。
いずれも大箱のカジュアルイタリアンで、
7年半ほど前に私は妻と赤坂店に夜に行ったことがある
席間が広くて居心地がよく、メニュー豊富で安価と使い勝手のいい印象があった。
思いきり食べて飲んで、二人で6,000円くらいだった記憶がある。
当時そんな店にしか行けなかった。

ピッツェリア リアナ
注文から9分ほどでパスタが出来上がってくる。
大きな皿にたっぷりと盛られ、大盛の量はなかなか壮観だ。

ピッツェリア リアナ
具のキノコは椎茸とエリンギで、麺には明太子の粒がからんでいる。

ピッツェリア リアナ
食べてみると、オイルまみれであったり水っぽかったり、逆にパサパサもしていない。
ちょうどいいしっとり加減だと思う。
乾麺と思われるスパゲティはやや軟らかめの茹で加減の思える。
白ワインソースとのことだが、味は明太子頼みでちょっとひと味足りなく感じる。

ピッツェリア リアナ
そこで、店員に頼んで辛味オイルを持ってきてもらう。
本来は明太子が海のものだからこういうものを使ってはいけないのだろうが、
明太子は加工品だからいいんじゃないか、と勝手な論理でかける。

ピッツェリア リアナ
俄然美味くなる。

ピッツェリア リアナ
接客といいサラダといいパスタの味わいといい、いかにも企業系の味気なさを感じたが、
大盛50円のコストパフォーマンスは高いと思った。
ドリンクが飲み放題なので、おしゃべり目的の女性グループ客にはよさそうだ。
7年半前を思いつつ、店を後にした。

ピッツェリア リアナパスタ / 関内駅馬車道駅日本大通り駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。