2017年05月24日

とんかつ 赤城(矢部)…ボリューム自慢のとんかつと言えば

とんかつ 赤城
首都圏でとんかつの食べ歩きをしていると、この店には背を向けられない。
交通はとても不便だ。
そしてフードファイター御用達のボリューム自慢店である。
齢で食の細くなったとんかつ好きがなかなか足を向けられないのは
無理もないだろう。
しかし一方で、神奈川県下では屈指の人気とんかつ店でもある。
思い立って、約10年ぶりに「とんかつ 赤城」に行く。

とんかつ 赤城
開店前に行列ができるとの情報を得て平日午前10時45分に行くと、
店頭には既に6人ほどの待ち客がいる。
午前11時の開店時にはこの列が私を含めて9人で、全員すぐに着席ができた。
尚、開店から30〜40分は外待ち客が絶えなかったが、以降は意外と落ち着いたので、
11時40分くらいから昼飯時の12時までの間が狙い目なのかもしれない。

とんかつ 赤城
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
カウンター内の女性店員が端から順に注文を聞いている。
10年前には看板メニューの特選ロースかつを食べたが、
今の私には量的に絶対無理だ。
それに当時、分厚いロースかつに若干臭みを感じた記憶がある。
そこでやや薄い肉が使われるうすかつ1,150円定食330円で注文する。
注文時にキャベツの量を聞かれ、普通でお願いする。
ほとんどの客が普通のロースかつ定食かかつカレーを
キャベツ少なめで注文している。

とんかつ 赤城
私がこれまで食べた中で最も巨大なとんかつはここの特選か克芳のジャンデラだ。
克芳は代替りしてジャンデラが無くなったようなので、
私が知る限りはこの店の特選に匹敵するボリュームのかつはなかなかないと思う。
この日も近隣席の客が一人だけ注文していて目撃することができたが、
かつてよりパワーアップしているのではないかとすら思った。

とんかつ 赤城
注文から16分ほどで出来上がってくる。
配膳される直前にご飯を少なめにするようお願いすると、
出される際に、足りなければおかわりするように女性店員に言われる。
わかめ、ねぎ、豆腐の味噌汁と、キムチとひじきの小皿がつく。

とんかつ 赤城
それにしても壮観だ。
まずは巨盛のざく切り千切りキャベツを、卓上のドレッシングを駆使して食べる。
これを平らげてからとんかつを食べれば糖質の吸収を遅らせられて太らない筈だ。
しかし、キャベツを八割ほど食べたところでお腹がだいぶ満たされてしまう。

とんかつ 赤城
うすかつは肉の厚みが最大1.8p、2枚重ねで肉は250g以上の量だと思う。
コロモが厚めについているので300g近い量に感じる。
シュニッツェルのような薄っぺらいかつを想定していると腰を抜かす羽目になる。

とんかつ 赤城
店内は何となく豚肉の臭みが漂うのだが、うすかつは臭みを全く感じなかった。
脂身はそれなりについているという感じ。
赤身は淡泊ながら脂身にはそこそこ旨味があり、
醤油でもとんかつソースと辛子たっぷりでもまずまず美味く食べられた。

とんかつ 赤城
正直言って、すべてを食べきることができなかった。
他の客に出された品を窺い見る限り、普通のロースかつもかつカレーも、
今の私には食べきることはできないだろうと思う。
これから更に食が細くなっていくと思われる私がこの店に来ることはもうないだろう。
5年くらい前にかつカレーを食べに来てみたかったと思った。
店の主人に残したことを丁重に謝りつつ、店を後にした。

とんかつ赤城とんかつ / 矢部駅淵野辺駅上溝駅


昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。