2017年06月10日

花山うどんの鬼ひも川で焼きうどん

花山うどん
TVで花山うどんの鬼ひも川の存在を知る。
群馬の館林発祥のうどん店で、
超幅広の鬼ひも川はうどん天下一決定戦を三連覇しているのだという。
このうどんを使って焼きうどんを作ってみたい、
という願望がふつふつと芽生える。
花山うどん東銀座店に鬼ひも川の乾麺を買いに行く。

花山うどん
2人前350円+税の乾麺を二つ購入する。

花山うどん
かなりの幅広だ。
パッパルデッレ級と言っていいだろう。
茹でる際に麺同士がくっついて大変だった。
大きな鍋に一枚ずつ投入して茹でた方がいい。

花山うどん
焼きうどんの具は小松菜、キャベツ、玉ネギに薄切り豚バラ肉とソーセージ。
約1年前に作った際には醤油と塩胡椒のみの味つけで、単調で薄っぺらい味だった。
だから今回はお酒や中華の旨味調味料、オイスターソースも加えることにする。

花山うどん
たっぷりの熱した油で麺を揚げるように焼いて焼き目をつける。
ここでも麺同士がくっついて苦労する。
最後に玉子でとじる。

花山うどん
出来た。
すごい量だ。

花山うどん
もうちょっと麺に焼き目をつけたかったが・・・
でも見た目はまずまずの出来だ。

花山うどん
麺は食感が良くとても美味かった。
いずれ残っている鬼ひも川を使って、
シーユーダムやナムプラーを手に入れて、唐辛子をたっぷり使って、
自家製パッキーマオに挑戦してみよう。
ラベル:焼きうどん
posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 家でごはん 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。