2017年06月14日

立喰そば 田舎(目黒)…早朝の天玉そば

立喰そば 田舎
今朝は6時出発の遠距離運転。
高速道路のサービスエリアで腹ごしらえするのはいたずらに高いから嫌だ。
セブンイレブンで100円くらいで売っているようなフランクソーセージで
300円以上も取られる。
高速道路に乗る前に軽く食べておきたい。
今日は目黒駅西口の目の前の「立喰そば 田舎」に行く。

立喰そば 田舎
店は完全立ち食いで、正面に4人、サイドに2人の6人が
客の最大収容人数になる。
店を一人で切り盛りする男性は気さくにいろいろな客に声をかけている。
頭上のメニューに目をやると、今どきの路麺店のような特殊な品はない。

立喰そば 田舎

立喰そば 田舎
朝っぱらだからシンプルな冷やし山菜そばかなあ、とも思うのだが、
目の前のショーケースに並ぶ揚げものが目に入るとそうもいかない。
天玉そば420円を注文する。

立喰そば 田舎
茹で置き麺をさっとお湯にくぐらせて、約1分で出来上がってくる。
ねぎはセルフでなく、あらかじめどっさりのっかってくる。

立喰そば 田舎
上のかき揚げをめくると一瞬かつお節っぽい香りがぷぅーんと漂うが、
ツユをひと口すすると、強い特徴のない昔ながらの立ち食いそばのツユの味だ。

立喰そば 田舎
そばはご多聞に漏れず軟らかくてコシのないもの。
多くの人が、昔の立ち食いそばを思い出すであろう味わいだ。
だからいい、という声があるが、
朝早くてぼーっとしているときだから多くを望まないのが正直なところだ。

立喰そば 田舎

立喰そば 田舎
玉子をくずし、そばをからめて食べる。
生まれて初めて路麺店で天玉そばを食べたとき、
世の中にこんな美味いものがあるのか、と思った。
今から四半世紀も前のことだ。

立喰そば 田舎
私が子供の頃からある店だ。
確か昔、左隣の2階はゲームセンターだったし、
右隣は花屋とエッチな本が充実している本屋だった。
西口駅前の風景がいずれドラスティックに変わる日が来るのだろうな、
なんて思いながら、遠距離運転の途に就いた。

立喰そば 田舎立ち食いそば / 目黒駅不動前駅白金台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 08:00| Comment(0) | 品川区 上大崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。