2017年06月15日

サンドウィッチハウスGORO(寒川)…こんな店は大好きだ

サンドウィッチハウスGORO
どういうわけか、強烈にカツサンドが食べたい。
平塚在住歴の長い旧友K君に急遽電話して、美味い店がないか聞いてみると、
「お口に合うかは分かりませんが、地元民御用達の店が横内にあります。」
大まかな場所を聞き、車でそのサンドイッチ店、GOROに向かう。

コピー 〜 025.JPG
午前10時頃、隣接の駐車場に車を停めて店に行く。
いわゆる田舎のパン屋かと思って入ったが、陳列されている商品はない。

サンドウィッチハウスGORO
注文カウンターの奥が厨房になっていて、
店を一人で切り盛りする女性が出て来る。
まごまごしていると、横に置かれたメニューから注文の品を選ぶよう指示される。

サンドウィッチハウスGORO

サンドウィッチハウスGORO
(画像はいずれもクリックで大きくなります。)
メニューは豊富で、パンは三種類、中身は揚げ物類から甘いものまで揃う。

サンドウィッチハウスGORO

サンドウィッチハウスGORO
サンドイッチがメニューのメインだが、惣菜やオードブルなどもある。
きっと客の要望を聞いている内にどんどん増えていってしまったのだろう。
DXカツ320円、ハンバーグ260円、メガチリ310円を注文する。
すぐに女性が奥に引っ込み、作り始める。

サンドウィッチハウスGORO
店内には椅子と小さなテーブルがあり、そこで商品ができるのを待つわけだが、
この店で買った品ならば店内で食べることもできる、と表示されている。
座っていると先ほどの女性が出てきて、梅茶を出してくれる。
終始接客は心地よかった。

サンドウィッチハウスGORO
注文から10分ほどで出来上がり、会計をして店を出る。
さあ、どこで食べよう。
天気がいいのでどこか公園で、とも思ったが、調べるのが面倒で、
結局寒川から圏央道にのって海老名サービスエリアを目指すことに。

サンドウィッチハウスGORO

サンドウィッチハウスGORO
フリースペースに座って袋から商品を出す。

サンドウィッチハウスGORO
メガチリはチリソースのかかったホットドッグで、
メニュー写真ではコッペパンからソーセージがはみだしていたが、
実際の商品は食べやすいようにソーセージがある程度カットされている。
チリトマトソースの上に細かくカットされた生の玉ねぎがたっぷりのる。

サンドウィッチハウスGORO
ハンバーグはいわゆるハンバーガーだ。

サンドウィッチハウスGORO
こちらもメニュー写真ではパティがパンからはみ出していたが、
実際はこじんまりしたハンバーグが挟まっている。
マヨネーズベースのソースがかかり、いかにもパン屋さんのハンバーガーの感じだ。

サンドウィッチハウスGORO
DXカツはいわゆるカツサンド。
千切りキャベツがたっぷり挟まる。
私はカツサンドはキャベツが入る方が断然好みで、
まい泉のカツサンドのようにキャベツが入らないものはあまり買うことはない。

サンドウィッチハウスGORO
ソースは甘みと酸味が強く、とんかつソースとケチャップ等を合わせたのかもしれない。

サンドウィッチハウスGORO
はっきり言って、サンドイッチがとびきり美味いというわけではない。
海老名SA内の箱根ベーカリーで同様のものを買った方が美味いかもしれない。
でも、注文を受けてから作ること、メニューの品が豊富なこと、
そして何より店を切り盛りする女性の温かい接客に惹かれた。
次は玉子サンドや野菜サンドなどの定番品を買ってみよう。

ゴローサンドイッチ / 宮山駅寒川駅倉見駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。