2017年06月22日

ロメスパバルボア(虎ノ門)…ロメスパのカルボナーラかくありき

ロメスパバルボア
15時過ぎに虎ノ門界隈で仕事に区切りがつく。
虎ノ門と言えばメタボサラリーマンの聖地だ。
大衆デカ盛り店を思い浮かべるが、
この時間ではそれらの店の昼営業は終わっていそうだ。
ならば、通し営業のはずの、念願だった「ロメスパバルボア」に向かう。

013.JPG
入店すると、カウンターのみ全20席の店内に客は男性一人客ばかり5人ほど。

005.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
入口を入ってすぐ左脇の券売機の前に立つ。

037.JPG
しょうゆアサリのボタンを押しかけたとき、
右端のプレミアムメニューが目に入る。
焼きカルボナーラ・・・、これに決まりだ。
大盛り(500g)900円の食券を買い、女性店員に渡す。

009.JPG
すでに新橋のパンチョスパゲティーキングと同形店を経験していて、
いずれの店でもカルボナーラ風を想定された品を食べている。
但し、品名に“カルボナーラ”が入るのはバルボアのみである。

021.JPG
注文から6分ほどで出来上がってくる。
大盛りの量は茹で上げ後の麺が500g、見た目は予想通りの印象だ。

026.JPG
具はベーコン、小松菜、玉ネギで、大量に粗挽き黒胡椒がかかっている。

035.JPG
食べる。
麺は定石通りの茹で置き軟らか太麺で、炒めた焼き目がついている。
玉子や生クリーム、チーズのカルボナーラソースが麺にしっかりからんでいて、
パンチョの白ナポやハングリータイガーのダニエルとは違って、
いわゆるイタリアンパスタのカルボナーラがより意識された作りとなっている。
もちろんロメスパ的なニンニクダレの味わいも加わっている。
スパゲティーキングのたまごに考え方が近いように思った。

ロメスパバルボア
なかなか美味かったが、
ロメスパのカルボナーラは今ひとつジャンクになりきれない。
そんな中途半端な印象を持ったのはスパゲティーキングと同様だった。
こういう店では定番のナポリタンや醤油系の品を
食べるのがいいのかもしれない。

ロメスパバルボア 虎ノ門店パスタ / 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅


昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 17:00| Comment(0) | 港区 虎ノ門、神谷町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。