2017年06月27日

Carl’s Jr.(平塚)…南カリフォルニア発のプレミアムバーガー

カールスジュニア
子供の頃、銀座三越1階にあったマクドナルドのハンバーガーに心躍らせたのである。
マクドナルドのパチモノみたいな自販機のM印のハンバーガーにも心躍らせたのである。
そんな思い出を胸に、ららぽーと平塚1階のCarl’s Jr.に行く。

005.JPG
平日13時頃店に行くと、注文を待つ客が8人ほど並んでいる。
レジカウンターは一つだけ開いていて、一人あたりの注文にも時間がかかっていて、
意図的に店頭に列ができるようにしているのでは、と思ってしまう。

002.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
田舎のショッピングセンターだから、と腹をくくり、列の後ろで注文を考える。
せっかくだから店イチオシの分厚い豪州産アンガス牛パティのバーガーを食べたい。
オリジナルシック(THICK)バーガー1/2LB(225g)1,050円+税と、
ガーデンサラダ290円+税を注文し、番号札をもらって席につく。

012.JPG
Carl’s Jr.やSHAKE SHACK、UMAMI BURGERなど、
アメリカ発のプレミアムバーガーが上陸するたびにある程度話題になるが、
それ以前に日本ではドメスティックなプレミアムバーガー市場が出来ている。
ハンバーガー1個に1,000円以上を払う心構えはそれなりにある。
上記アメリカ発店は後出しじゃんけん的に殴り込みをかけて来たのである。

017.JPG

014.JPG
なんと注文から3分くらいですべて出来上がってくる。
小さなカゴのような容器にハンバーガーもサラダも入れられてくる。
プレミアムハンバーガーの店でこんなに早く出て来たのは初めての経験だ。

031.JPG
サラダは恐らく作り置きされていたものだろう。
ドレッシングは数種の中からサウザンを選択した。
レタス、トマト、パプリカ、チーズが入る。

037.JPG
ハンバーガーは半分を紙で絞るように包まれている。
この紙の部分を手で持って食べろということなのだろう。

043.JPG
バンズを持ち上げてみると、デフォルトでレッドチェダーチーズが2枚入っている。
パティの他にはレタス、スライストマト、紫玉ネギが入る。

045.JPG
食べる。
いや、簡単には食べられない。
懸命に口を開いてかぶりつく。
バンズはパサッとしていてパティにもしっとり感、肉汁感はない。
脂身の少ない赤身肉を使っているから、というだけではないだろう。
ウリであるはずの炭火の香ばしさもあまり強くない。

Carl’s Jr.
昔、ハワイのスーパーで買った、ただデカいだけのハンバーガーを思い出した。
ドメスティックなバーガー店のような手作り感、出来立て感に乏しいと思う。
中途半端にプレミアムで中途半端にファストな印象だった。
また来ることがあったら、チキンフィレサンドを食べてみよう。

カールスジュニア ららぽーと湘南平塚店ハンバーガー / 平塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

ラベル:ハンバーガー
posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。