2017年06月30日

楽山(仲町台)…駅近ピリ辛中華ランチ店は喫煙天国

楽山
午前11時、昼からの仕事のために横浜市営地下鉄を仲町台駅で降りる。
駅を出て左脇の路地に入りハンバーグ店を目指すと、開店まで30分ある。
やむを得ず、その先に見えた中華料理店「楽山」に入ることにする。

006.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

004.JPG
店頭のランチメニューを見ると、麺飯類も定食もそこそこ種類がある。
麻婆丼や焼きそばに惹かれたが、今朝量った体重がやや重めだったので、
麺飯類は止めて定食にすることに。
日替ランチのAセット、牛肉とニンニクの芽と卵のピリ辛炒め800円+税を選択し、
ギョーザセット100円+税も加えることにする。

017.JPG
入店すると先客は年配男性一人のみ。
「お好きな席に」と言われたので端っこの4人用テーブル席につく。
後で分かったのだがこの場所は分煙の喫煙側の席で、
後客の老婦人やサラリーマン二人組のチェーンスモーク攻撃にさらされることになる。
しかし攻撃が始まったのが料理が出た後で席を移りようもなく、悲惨な時間となった。

019.JPG
まずセットのギョーザが注文から7分後くらいに出来上がってくる。

023.JPG
小ぶりなものが4つ並ぶ。
食べてみると、あんは野菜が多めでニンニクがしっかり効いている。
汁がほとばしるということはないが、皮の焼き目は香ばしく、
まあ、これで100円+税ならば文句はない。

027.JPG
その4分後、つまり注文から11分後に定食が出来上がってくる。
スパゲティサラダ、搾菜片、中華玉子スープがつく。
ご飯は少なめに頼んでいたが、忘れられたのか茶碗いっぱいに盛られてきた。

036.JPG
おかずは文字通り細切り牛肉、ニンニクの芽、玉子に加え、人参、玉ネギ、しめじが入る。
食べてみるとなかなか辛めの味つけで、気を抜くとご飯を何杯も食べてしまいそうだ。
因みにご飯のおかわりは無料となっている。
この辛さなら麻婆豆腐の選択がよかったかも、なんて思いながら食べた。

007.JPG
地獄のようなタバコ臭のために大急ぎで食べて店を出た。
仮に禁煙席に座っていたとしても、仕切りがあるわけではないので、
大きく居心地が変わるとは思えない。
強行採決なら共謀罪より受動喫煙対策法案を先にやってもらいたかった。

中国小皿酒家 楽山中華料理 / 仲町台駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

ラベル:大衆中華 餃子
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。