2017年07月12日

北海道らーめん 小林屋(平塚)…神奈川県中西部味噌ラーメンチェーン

北海道らーめん 小林屋
私はそれほどラーメン好きではないが、ラーメンを食べるならまず味噌を考える。
だから神奈川県中西部に7店舗ほどを展開する「小林屋」は以前より気になっていた。
特にランチの目あてもなく伊勢原から平塚方面に車を走らせていたある平日午後、
たまたま中原店という店舗を通りがかって、店に行ってみることにする。

北海道らーめん 小林屋
13時過ぎに入店し、券売機の前に立つ。
どうやったら味噌チャーシューバターラーメンの食券を買えるか、見回す。
まずはみそチャーシューらーめん850円のボタンを押し、続いてバター100円も押す。
味玉が50円で、ちょうどそれで1,000円になるので、味玉50円のボタンも押す。
味噌バターシャーシュー味玉ラーメンが1,000円で収まるのは今どき珍しい。

北海道らーめん 小林屋
全15席ほどの店内に先客は男性ばかり6人ほど。
食券を女性店員に渡し、カウンター席に座る。
席間は狭くないし、カウンターも床も油っぽくなく、店内は清潔感がある。
店は男性と女性の二人の店員で切り盛りされている。

北海道らーめん 小林屋
注文から6分ほどでラーメンが出来上がってくる
出てきた瞬間に味噌のいい香りがふわっと湧き立つ。

北海道らーめん 小林屋
分厚いチャーシュー4枚に白髪ねぎ、海苔、味玉が丼の表面を覆う。
まずはスープを飲んでみると、やや濃いめのオーソドックスな味噌味で、
生姜やニンニクなどの特徴的な味の主張はない。

北海道らーめん 小林屋
麺もこれまた巷間の味噌ラーメンによくある黄色い中細縮れ麺で、
並盛でも麺量はかなり多いように思う。

北海道らーめん 小林屋
チャーシューは豚バラを巻いたタイプで、厚みがあるので食べ応えがある。

北海道らーめん 小林屋

北海道らーめん 小林屋
味玉はデフォルトで半個入るので、50円だからとトッピングしたのは余計だった。

北海道らーめん 小林屋
あまり期待しなかったせいか、なんだかとても美味かった。
なんで今まで来なかったのだろうと思った。
ラーメンをたくさん食べている人たちには不満な味なのだろうか。
小田原や二宮など、他の店舗も通りがかったら入ってしまいそうだ。

小林屋 中原店ラーメン / 平塚駅大磯駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 平塚市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。