2017年07月31日

とんかつ馬車道 さくら(馬車道)…企業系の匂いを感じるとんかつ店

とんかつ馬車道 さくら
「夏場はどうしてもお客さんは少ないですね。」
かつてある老舗とんかつ店の主人が常連客にそう言っていたのを思い出す。
猛暑の中、関内駅から赤レンガ倉庫に向かって汗だくで歩く私の頭の中は、
味奈登庵のもりそばか生香園の冷し中華なのだが、
暑さに負けてはいけない、と、通りがかった「とんかつ馬車道 さくら」に行く。

とんかつ馬車道 さくら
店頭に暖簾がかかった午前11時5分頃に、この日の一番乗り客として入店する。
店員たちは店頭販売用の弁当の準備に追われ、私にかまっている余裕がなさそう。
勝手にカウンターの一番奥の席に座る。

とんかつ馬車道 さくら
(画像クリックで大きくなります。)
昼はランチメニューしか注文できないようで、ロースかつは最大で140gまで。
それを超える厚みのあるかつは揚げ時間がかかるので夜しか出さないのだろう。
聞いたことない桜山豚という肉と林SPFの二種の銘柄豚の選択もできたが、
ランチロースかつ(140g)定食1,280円+税銘柄豚のメンチカツ190円+税を注文する。

とんかつ馬車道 さくら
卓上には甘口、辛口の二種のソースと柚子ドレッシング、岩塩、洋芥子に加え、

とんかつ馬車道 さくら
辛子高菜、甲州小梅、鳥そぼろの三種の“ご飯の伴”が置かれる。
調味料類は他に青のりマヨネーズ、胡麻わさびは無料で注文可で、
醤油は頼むと、店員が既製品の生しぼり醤油を小さい容器に移して持ってきた。

とんかつ馬車道 さくら
ご飯の伴が充実しているのは、糖質制限をしている身としては複雑だが、
ご飯が(味噌汁、キャベツも)無料でおかわりできることを考えるといいサービスだ。
昼はぶ厚くてデカいとんかつは出さないがご飯でお腹いっぱいになってほしい、
というメッセージなのかもしれない。

とんかつ馬車道 さくら
注文から2分後に冷たいお茶と千切りキャベツが出て来る。
かつを食べる前にキャベツを食べると糖質の吸収を遅らせることができるので、
このスタイルは大歓迎だ。

とんかつ馬車道 さくら
青海苔マヨネーズをもらって千切りキャベツを平らげる。

とんかつ馬車道 さくら
注文から12分ほどで定食が出来上がってくる。

とんかつ馬車道 さくら
かつは肉の厚みが最大で1.5pくらい、肉だけで120〜130g程度のボリュームだ。
脂身のつき加減は標準的で、厚めについたコロモは肉から剥がれにくい。

とんかつ馬車道 さくら
食べてみると、いかにも企業系のとんかつと言う感じで、
赤身はあっさりと淡泊な味わいで、脂身は融点は低そうだが甘みはあまりない。

とんかつ馬車道 さくら
やや赤身には硬さ、パサつきを感じたが、厚みがないので気になるほどではない。
醤油、甘口ソース、辛口ソース、すべてで食べてみたが、
どれかが際立って合うと言うことはなかった。

とんかつ馬車道 さくら
メンチカツは中身には玉ねぎなどは入らず挽肉だけだ。
肉汁が滴ることはなく、セントラルキッチン方式で作られたものではないかと思った。

とんかつ馬車道 さくら
店員の接客姿勢は一様に良く、すいていたこともあり居心地は良かった。
もし仮に夏場はランチ時もあまり混まないのなら、
夜に出している大きいロースかつを昼にも出したらどうかと思う。
夏場の胃腸が弱っているときでもとんかつを食おうと入店してくるような客には、
需要があると思うのである。

とんかつ馬車道さくら 本店とんかつ / 馬車道駅関内駅桜木町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市 中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。