2017年08月04日

多久満(西馬込)…内観にひるむな、上ロースかつはハイCP

多久満
午前中に仕事で西馬込に行くことが決まったときから、
昼は以前から行きたいと思っていたとんかつ店「多久満」に決めていた。
事前情報では午前11時半開店と聞いていたが、その時間に行っても開店する様子はなく、
もう店自体がやっていないのでは、との不安を抱きつつ待っていると、
11時40分頃に年配の男性が出てきて開店支度を始めて、ホッとする。

多久満
午前11時47分頃、ようやく店頭に営業中の札がかかり、入店する。
後で知ったが、もともと午前11時45分が開店時間のようだ。
入口を入ってすぐのカウンター席に座る。

多久満
先ほどの年配男性がお茶を持って来て、ランチメニューからの注文を勧める。

多久満

多久満
「ランチメニュー以外の注文は出来ないんですか?」
「モノによっては時間がかかりますけど・・・」
ということで通常メニューから上ロースかつ定食1,650円を注文する。

多久満
店は二人の男性によって切り盛りされている。
新聞を渡されたり、冷たいお茶と温かいお茶が時間差で出て来るなど接客は温かい。
内観の雑然とした感じは年季だけが理由ではないだろうが、
接客姿勢によってカバーされていると一応言っておきたい。

多久満
卓上にはソース、醤油、既製の焼き塩、七味唐辛子、ごま塩が置かれる。
芥子は出し忘れていたようで、後で頼むと梅干しと共にすぐに出て来た。

多久満
注文から約18分後に出来上がってくる。
キュウリと大根の漬物、小皿の蕎麦、ちくわの煮物、しじみの味噌汁がつく。
ご飯はあらかじめ少なめで頼んであるが、おかわりができると言われる。

多久満
上ロースかつは思っていたよりもだいぶデカい。
まあ、雰囲気から勝手に小さいのが出てきそうだと予想していただけなのだが。

多久満
肉の厚みが最大で3p近く、肉だけで230〜240gくらいのボリュームだ。
コロモは目が細かく薄めで、やや剥がれやすくなっている。

多久満
食べてみると、赤身はやや淡泊めながら臭みやパサつきはなくまずまずの味わい。
全体にそれなりについている脂身も甘みは強くはないが舌の上でスッと溶ける感じ。
肉質はそれほど悪くはないのではないかと思った。

多久満
かつの下には炒めたスパゲティが敷かれていた。
単品メニューを見るととんかつ屋の枠をはみ出るような品があり、
つけ合せを見ても、結構チャレンジングにメニュー展開をしている様子が窺える。
夜に飲みに来ても面白そうな店だと思った。

多久満とんかつ / 西馬込駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 大田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。