2017年08月10日

洗濯船(黄金町)…あの頃の洋食は温かいセピア色

洗濯船
「洗濯船」という店名は、
ピカソやモディリアーニが下済み時代に住んだモンマルトルの安アパートのことだ。
この店がいつ頃の創業なのか分からないが、インテリな人が始めたのだろう。
平日午前11時過ぎ、地下鉄阪東橋駅から3分ほど歩いて店に行く。

洗濯船
11時10分頃着くとまだ準備中の札がかかっていたが、
すぐに店の中から年配の女性が出てきて店内に招き入れられる。
入ってみると内観は小さな昭和の喫茶店風で、TVで高校野球中継が流れる。
店は調理を担う女性とフロア担当の女性の二人で切り盛りされている。

洗濯船
昼はランチメニューのみの営業のようだ。
レバーかつやまぐろの香草焼の定食にも惹かれたが、
生姜焼定食850円をご飯少なめで注文する。

洗濯船
すぐに、びっくりするくらい少ないキュウリの漬物が出て来る。

洗濯船
注文から5分ほどで生姜焼定食が出来上がってくる。
ご飯は平皿に盛られている。
なめこと豆腐とねぎの入った味噌汁がつく。

洗濯船
糖質の吸収を遅らせるために、まずは千切りキャベツを食べる。
とても繊細にカットされていて、生姜焼の汁に浸けて食べる。
汁の味は甘さが抑えられ、生姜がしっかり効いて、かなり好みの味だ。
この時点で生姜焼が美味いであろうことが察せられる。

洗濯船
肝心の生姜焼は薄切り豚ロース肉が4枚、まずまずのボリュームだ。
食べてみれば、まさに昔ながらの生姜焼の味わい。
最近、甘いタレの生姜焼きばかり食べていたから、余計に美味く感じる。
これならきっとポークソティやハンバーグも美味いだろうと思った。

洗濯船
「キャベツも肉と一緒に食べて、いい食べ方ですね。」
帰り際に厨房の女性から声をかけられる。
先にキャベツを平らげた方が太らない、なんて無粋なことは言えなかった。
たまたま他に客がいなかったから、居心地がとてもよかったが、
席間の狭い店内で近くで煙草を吸われたらたちまち地獄空間になりそう、
と思いながら店を後にした。

洗濯船洋食 / 黄金町駅阪東橋駅吉野町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

ラベル:洋食 生姜焼き
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。