2017年08月22日

善磯(大磯)…ガテン系が集う腹いっぱい食堂

善磯
小田原厚木道路の大磯インターを出て、海の方向に少々走ると、
交差点に道の駅のような風情で現れるのが「善磯」である。
神奈川県下の大食いたちの間に知らぬ者はない、人気デカ盛り大衆食堂だ。

善磯
午前11時、開店と同時に店に行くと既に男性一人客が料理を待っている。
私の後にも立て続けに5人ほどの男性一人客が入店してくる。
客の多くはガテン系や運送系で、デカい車両に対応できる駐車場が完備している。
因みに徒歩だと二宮駅からも大磯駅からも軽いトレッキングになる。

善磯
(画像クリックで大きくなります。)
メニューは厨房側の壁に掲示されていて、かなり品数は豊富だ。
但し単品モノはあまりなく、定食のおかずのみの注文の可否も分からなかった。
焼き肉定食1,000円納豆100円を注文する。
ご飯が恐ろしい量だと聞いていたので、「ご飯を3分の1で」とお願いする。
因みに他の客の多くはうどんや焼きそばなどご飯以外の品を注文していた。

善磯
注文から5〜6分ほどですべて出来上がってくる。
冷奴、茄子漬とたくあん、わかめと豆腐と大葉の入った味噌汁が付く。

善磯
恐る恐るご飯のおひつの蓋を開ける・・・全然3分の1ぢゃない!

善磯

善磯
こんなに食えるわけないじゃん、と思いながら、
鰹節のかかった納豆を、定石通り箸で45回かき回し、ごはんにのせる。

善磯
焼き肉はいわゆる豚バラ薄切り肉と玉ねぎの生姜焼きで、かなりのボリュームだ。

善磯
たっぷりの脂身に甘さが抑えられたあっさり目の味付けはまさに好みのタイプ。
量が多い分、味は薄めにしているのかも、なんて思いながら食べる。

善磯
焼き肉には千切りキャベツ、レタス、マカロニサラダが添えられる。
たっぷりマヨネーズがかかるが、焼き肉の汁に浸して食べるキャベツが美味い。

善磯
明らかに運送系の年配男性一人客がビールを注文していて、ちょっと心配になった。
店は女性ばかり3人ほどで切り盛りされ、良くも悪くも無機質な接客で、
あまり客に深入りしてこない。
体重の憂いのないときにカツカレーを食べに来たいと思いつつ、店を後にした。

善磯定食・食堂 / 二宮駅大磯駅


昼総合点★★★☆☆ 3.5

posted by こここ at 14:40| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。