2017年08月25日

福てんかつ(戸塚)…とつかでとんかつ

059.JPG
所用で生まれて初めてJR横須賀線を戸塚駅で降りる。
特に事前調査をせずに来ていて、駅に隣接する商業施設を練り歩き、
目に飛び込んできたトツカーナモール1階の「福てんかつ」に入ることにする。

056.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
店頭でメニューを見る。
天ぷら、とんかつの定食ものに天丼、かつ丼、うどん・そばの構成で、
単品ものもあるのでそれぞれを組み合わせることができる。

福てんかつ
午前11時45分頃入店し、1階スペースの空いていた2人用テーブル席につく。
低い階段を上がった2階フロアの方が広いようで、
次々に客が訪れても待ち客が出ることなくどんどん収容されていた。
女性店員に厚切りロースかつ定食1,090円+税ご飯少なめ−20円で注文する。
厚切りロースかつは160gとのことで、おつまみ天ぷら等の追加注文も考えたが、
今朝の体重計の値を思い出してやめた。

福てんかつ
フクシマ商事という多角飲食店経営の会社が営むオリジナル業態店で、
湘南台にも同形の店があり、大和に天丼専門店、上大岡に丼専門店がある。
私はこの店の存在を以前から知っていて、
天ぷらととんかつを同列に扱う専門店というのは面白いと思っていた。
もちろん、いつか天ぷらととんかつを同時に並べて食べようと思っていたが、
そんなことが難しい年齢になってきてしまった。

福てんかつ
すりごまが運ばれた後、注文から13分ほどで定食が出来上がってくる。
わかめと豆腐の味噌汁、きゅうりと白菜の浅漬けが付く。
ご飯はあらかじめ少なめで頼んである。

福てんかつ

福てんかつ
かつは厚切りと称しながら肉の厚みは最大で1.8pくらい。
肉だけで150g程度のボリュームだろう。

福てんかつ
脂身は全般にそこそこつき、局所的に脂身がたっぷりの片があるわけではない。

福てんかつ
食べてみると、もうそれは想像通りの企業系とんかつの味わい。
かつやや松乃家で食べるかつとほとんどクォリティは変わらない。
スカッとうまみが抜けてパサついた赤身がその象徴だ。
千切りキャベツに至っては、いつから切り置きしていたのものだろうと思うほど。

068.JPG
客層は年配一人客や年配夫婦客がとても多く、そのほとんどが丼ものを食べていた。
丼ものの方が定食類よりも提供にかかる時間が早いようだ。
キャベツの味からも、かつの質からも、とんかつならかつ丼を選ぶべきかもしれない。
初の戸塚をもっと散策したかったが、所用のため食後すぐにJRの改札に向かった。

福てんかつ トツカーナモール店とんかつ / 戸塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。