2017年09月01日

陳麻家(五反田)…本格麻婆かけご飯には可能性があると思うのだが

陳麻家
仕事と仕事の合間に五反田駅のみどりの窓口に所用で立ち寄る。
今日はあまりのんびり昼飯を食べていられる時間がない。
歩道橋を駆け上がり、ロータリーの反対側の「陳麻家」に入る。

008.JPG
平日14時半の入店で全9席の店内に客は皆無だ。
店を一人で切り盛りする男性がカウンター席から億劫そうに腰を上げる。

陳麻家

陳麻家
メニューを見る。
ほぼ陳麻飯一本の構成で、他にわずかにサイドメニューがあるのみ。
五反田には他に2店舗あるが、それらの店には担担麺、焼きそば等もおかれる。
今日のように時間がないときはシンプルで決めやすい方がいい。
陳麻飯(並)700円を注文する。

陳麻家
五反田に多少なりともゆかりのある人なら、
この店が陳麻家の一号店であることを知っているだろう。
元々は東京酒楼という中華料理店が麻婆豆腐専門店として出店させた店で、
やがて企業の資本に乗って全国展開を図ったもののその企業が倒産し、
それを引き継いだ会社も倒産し、と紆余曲折を経ていて、
正直言ってよく分からないのだが、ともかく五反田3店と目黒店の計4店は、
全国にフランチャイズ展開されている陳麻家とは運営上の関係はないのだそう。
そういえばタイムズも最初の駐車場は五反田にあったと聞いたことがある。

陳麻家
さて、注文から1分で陳麻飯が出来て、店員から直接手渡される。
どんぶり飯1杯くらいのご飯の上から麻婆豆腐がかけられている。
並でもボリュームは多い。

陳麻家
麻婆豆腐はたっぷりの花椒、唐辛子片、豆豉を目で確認できる。
だから食べてみれば辛味、痺れ感、酸味をはっきりと感じることができる。
美味い。
美味いけれど重大な欠点がある。
ぬるいことだ。
出されたときは湯気が立っているのに。
ご飯も麻婆豆腐もかなりの量を作り置きされているのだろう。

陳麻家
本格的な四川風麻婆豆腐をご飯にかけたファストフードの麻婆飯は
もっと流行ってもいいと思うのだが・・・。
『たまに無性に食べたくなる』と思わせる『何か』が足りないのだろう。

陳麻家
この店に関して言えば、
ご飯の量はそのままで麻婆豆腐のみ大盛とか、辛さ増しができるといいと思った。

陳麻家 五反田東口駅前店四川料理 / 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 17:00| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。