2017年09月19日

ルークチン(本厚木)…オペレーションはだいぶきつい

ルークチン
久しぶりに仕事の用事で本厚木にやってきた。
午前中早々にその用事が終わり、相模川の川っぺりを散歩したりして、
11時半に、相模大橋の袂のタイ料理店「ルークチン」に行く。

012.JPG
店頭に『営業中』や『OPEN』の札がなかったので恐る恐るドアを開けると、
すでに開店しているようで、4人用のテーブル席に座る。
座敷席には若い女性二人の先客がいて、私の後にも数人の客が続けて入店する。
駅から徒歩10分近くかかるにもかかわらず、なかなかの人気店だ。

010.JPG
店からは相模川が一望できる。
窓に面しているカウンター席は、晴れた日は心地よさそうだ。

030.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

017.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

019.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

021.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

023.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

025.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
メニューを見る。
一般的なタイ料理店に比べてあまり品数は豊富ではないが、
その分、昼でもアラカルト注文をすることができる。
カオマンガイ890円+税肉増し250円+税を注文する。
肉増しのオプションがあるのは糖質制限の身にはありがたい。

037.JPG
店は厨房の若い男性一人、フロアの女性一人の計二人で賄われているようで、
10人くらいの客の注文にも対応しきれないでいる。
せっかく来店したのにいつまでも注文を聞いてもらえずに帰ってしまった客もいた。
卓上にはクルアンプルーンが置かれているが、ナムプラーだけは既成のボトルだ。

ルークチン
注文から18分ほど待ってカオマンガイが出てくる。
なんと、スープはつかない。
店名がルークチンだから鶏肉団子のゲーンジュウでもついてほしかったが・・・

ルークチン
パクチーがどっさり盛られている。
本国ではカオマンガイにはパクチーは一切盛られないという声があるが、
私は正直言ってあってもなくてもどちらでもいいと思っている。

ルークチン
ナムチムには別皿で刻んだ唐辛子が添えられ、
「辛いのが好きなら合わせてください。」と言われる。
もちろん合わせる。

ルークチン
そして一気にかける。

ルークチン

ルークチン
肉増しは鶏肉が二重に並べられている。
かなりのボリュームだ。

ルークチン
米はもちろんジャスミンライスが使用されている。
食べてみると、鶏肉は最初の一口では若干の臭みを感じた。
ナムチムはニンニクはあまり効いておらず、おとなしめの味わいだと思った。
全般にボリューム以外に特筆することはないと思った。

ルークチン
夜来ると、窓から見えるライトアップされた相模大橋がきれいなのだという。
厚木で夕食を摂る機会はあまり考えられないのでちょっと残念だ。
この界隈では貴重なタイ料理店なので、オペレーションを中心に改善し、
いい店になっていってほしいと思う。

アジアンキッチン・ルークチンタイ料理 / 厚木駅本厚木駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。