2017年09月22日

北海道ラーメン 来々軒(関内)…徹夜明けの辛味噌ラーメン

北海道ラーメン 来々軒
早朝の伊勢佐木町を歩く。
ワケあって徹夜明けなのである。
前日の昼から何も食べていないのである。
道路脇にゴミが山積みにされカラスが人気を恐れず徘徊する様子は陰鬱だ。
牛丼チェーンと迷った末、24時間営業のラーメン店「来々軒」に行く。

011.JPG
午前7時前に入店すると、二人の男性店員が驚いたように私を見つめる。
こんな時間に入ってくる客は滅多にいないのかもしれない。

004.JPG
卓上のメニューを見る。
徹夜明けで頭がイカれているせいか、強烈なパンチのあるものを食べたい気分だ。
味噌オロチョンラーメン850円チャーシュー350円バター100円を注文する。

012.JPG
味噌オロチョンラーメンは辛さを選択できる。
徹夜明けとは言え、この後仕事があるから、控えめに4倍を指定する。

022.JPG
注文から4分ほどで出来上がる。

北海道ラーメン 来々軒
レンガ色のスープにチャーシューが5枚、たっぷりのメンマ、ネギ、もやし、
そして海苔と大きくカットされたバターがのる。

北海道ラーメン 来々軒
食べる。
麺は味噌ラーメンによくある黄色い縮れた中細麺だ。
スープは濃厚さはあまりなく、辛さもさほど強くない。
よくある昔ながらの味噌ラーメンなのだと思う。

北海道ラーメン 来々軒
チャーシューは脂身がほとんどなく硬くて、若干臭みを感じた。
チャーシュートッピングをするなら餃子を注文すべきかもしれない。

北海道ラーメン 来々軒
バターをスープに溶かすとコクが増すような気がする。
私は味噌バターチャーシューメンには特別な思いを持っている。
出が卑しいから、ついトッピングで大人買いをしてしまうのだ。
味噌ラーメンの店に行ってトッピングバターがないととてもがっかりする。

北海道ラーメン 来々軒
若い頃は朝まで飲んだ後に香月やホープ軒でラーメンを食べた。
いいとか悪いとか考えずに、欲望の赴くままにそうしていた。
懐かしいと思わない。
鬱々とした気持ちで、道端を歩くカラスを避けつつ朝の仕事先に向かった。

北海道ラーメン 来々軒 本店ラーメン / 関内駅伊勢佐木長者町駅日ノ出町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 09:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。