2017年09月29日

ラホール 外神田店(秋葉原)…やりすぎ黒ダブルカツカレー

ラホール 外神田店
大人になったらレディーボーデンを一人ですべて食べたいとか
いちごを1パックすべて一人で一気に食べてみたいとか、
そんな子供の時の夢をかなえるのがいわゆる「大人買い」だ。
「カツが2枚に真っ黒の激辛カシミール風カレーがかかったカツカレーを食べたい」
という子供の頃でもなんでもない最近の夢をかなえるために、
今日は秋葉原の「ラホール 外神田店」に大人買いをしにやってきた。

開店時間であるはずの午前11時に店に来るとまだ半分シャッターが閉まっている。
やむを得ず付近を10分ほど散歩してから戻ってきて、無事入店となった。

035.JPG
(画像クリックで大きくなります。)
都内には『ラホール』を名乗るカレー店が4店あり、『ニューラホール』が2店ある。
これらが現在どういう関係かは不明だが、恐らく大元は一緒だったのだろう。
なぜ外神田店に来たかと言うと、この店だけ他店とメニューが若干違うからだ。
他店はカレーと定食ものがあるが、外神田店はカレーだけで勝負している。
そして他店はインド風カレーの辛さ5倍以上が自動的にブラックカレーになるが、
この店は辛さにかかわらずプラス50円でブラックカレーを選択することができる。

ラホール 外神田店
また、この店はトッピングの自由度が高く、もちろんカツ2枚のせができる。
(できない店が何店かある。)
前述の願望をかなえるべく、カツカレー750円ブラックカレーに変更50円
トッピング豚カツ200円カレールー大盛200円10辛増100円の食券を買う。
ルー大盛の注文は、数週間前に行った西新橋店のルーが少なかったためだ。
なんと総額1,300円、カレースタンドで払う額じゃない。

ラホール 外神田店
食券を店員に渡すと、ブラックカレーは辛さ5倍までサービスになると言われる。
既に10辛増の食券を買っているから15辛にできると言われ、そうしてもらう。

ラホール 外神田店
店は主人らしき中年男性と中国人と思われる若い女性によって切り盛りされる。
壁には店がテレビで紹介された際の写真が何枚か貼られていて、
その写真では主人らしき男性は満面の笑顔で写っているが、
今日は機嫌が悪いようで、なんか独特のオーラを放っている。

ラホール 外神田店
食券を渡してから6分ほどで出来上がってくる。
皿は大きめで全体にボリュームがあり、期待通りの真っ黒なカレーもたっぷりかかる。
ルー大盛は別途グレイビーボートに入って出てきたが、正直言って必要なかった。

ラホール 外神田店
カツは肉の厚みが8oくらい、1枚80g程度のボリュームだろう。
カツカレーのカツはあまり厚みがない方がいいと思うので、これでいい。
コロモの仕上がりも、裂け目はなく油切れもよくまずまずだと思う。

ラホール 外神田店

ラホール 外神田店
食べる。
ひょえー、すげー辛い。
やっぱり10辛にしておくべきだったなぁ。
当たり前だが追加分のルーもしっかり15辛の辛さになっている。

ラホール 外神田店
うーん、あまりいい大人買いではなかった。
レディーボーデンを一人で抱えて完食して後悔する気持ちに似ているかも。
やったことないけど。
1年後くらいにまたこの店に来て、学習能力なく同じことをしそうで怖い。

ラホール 外神田店インドカレー / 末広町駅秋葉原駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 千代田区 神田 秋葉原、末広町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。