2017年10月30日

BURDIGALA(日吉)…利便性の高そうな駅ビルのベーカリーカフェ

BURDIGALA
酷い店で酷い料理をほとんど残して出てきたため、
駅ビルでパンかおにぎりでも買おうと日吉駅に向かう。
すると駅併設の東急アベニューにおあつらえ向きのベーカリーを見つける。
高級ブーランジェリー「BURDIGALA」である。

036.JPG
早速店内に入ると、美味そうなパンがびっしりと並んでいる。
お昼前なので、一番商品が充実している時間帯なのだと思う。

039.JPG
10個くらい買いたいほど迷った末、2個を選んで購入する。
イートインスペースがあり、アルコールも飲めるが、
この日は家に持ち帰ることにする。

044.JPG
購入したのはきのことロマネスコのタルティーヌ420円ソッシス280円だ。

049.JPG
ソッシスはいわゆるソーセージデニッシュだ。
そもそもソッシスはフランス語で加熱調理用生ソーセージの意味だそうで、
調理後のすぐに食べられるソーセージをソシソンと言う。
私はソーセージパンが大好きで、五反田駅構内のRODのソーセージデニッシュや、
ジャン・フランソワのソシソン神戸屋のソーセージパイがすぐに頭に浮かぶ。
HIMMELのソーセージパンもとても美味かった。
これらと比べ、BURDIGALAのソシソンは値段が安めで、その分ソーセージが細い。
多少高くてももうちょっと太ければ満足感が高かったと思う。

059.JPG
タルティーヌはいわゆるオープンサンドのことだが、
今や有力ブーランジェリーがこぞって力作を店内に並べている。
この店の品はバケットの上にホエー豚のベーコン、しめじ、舞茸と、
イタリア野菜のロマネスコをのせ、チーズを振って焼き上げたものだ。

041.JPG
BURDIGALAはかつてはワインの輸入・販売のエノテカの経営だったが、
今は喫茶店チェーンなどを運営するトリコロールに経営が変わっている。
きっとそのタイミングで、高級ブーランジェリー路線から、
カフェを併設する利便性を求めた路線に変更されたのだと思う。
私はついこの間までブーランジェリーが高級下着屋だと思っていたほど、
あまりパン通ではないが、
一度休日のイートイン利用に来てみたいと思う。

ブルディガラ 日吉東急店パン / 日吉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。