2017年11月11日

チャオタイ(川崎)…愛しのマオちゃん

チャオタイ
ここしばらく食べていないせいか、朝からパッキーマオが気分の土曜日。
パッキーマオを昼から食べられるタイ料理店は限られている。
確実なのはグリーンパッタイチャオタイの二つのグループ店だ。
今日は未訪の川崎のチャオタイに行ってみることにする。

チャオタイ
14時20分頃店に着くと、なんと店の前に行列ができている。
一瞬、絶望感にさいなまれたが、よく見ると向かいの怪獣酒場の客だった。

チャオタイ
入店すると全70席の店内に客は10人に満たないほど。
カウンターの空いている席に座る。

チャオタイ

チャオタイ

チャオタイ
メニューを見る。
チャオタイは一般的なタイ料理店に比べ、ランチの品の種類が多い。
しかしこれまで渋谷東口店銀座店横浜店に行っているが、
パッキーマオしか注文したことがない。

チャオタイ
今日ももちろんパッキーマオ センヤイ ムー900円大盛100円を注文する。
パッは炒める、キーマオは酔っ払い、センヤイは太米麺、ムーは豚肉の意味だ。

チャオタイ
卓上にはクルアンプルーンが完備されているのだが、
何故かナムプラープリック(生唐辛子の入った魚醤)だけが別に2つ置かれる。
クルアンプルーンに含まれるものと合わせて三種置かれていることになる。
これらが同じものなのかは味見していないので分からない。

チャオタイ
注文から9分ほどで出来上がってくる。

チャオタイ
サラダは千切りキャベツのサラダと春雨サラダの二種がつく。
春雨サラダはクルアンプルーンを駆使して辛くして食べるのがいい。

チャオタイ
スープはゲーンジュウ、野菜の澄ましスープだ。
以前、銀座店ではプラス100円でトムヤムクンにグレードアップしたが、
辛い麺料理にはおとなしい味のゲーンジュウの方が合うと思う。

チャオタイ
さて、パッキーマオを食べる。
具は豚小間肉の他に玉子、ニンジン、キャベツ、青梗菜、ピーマン、パプリカ、
ブロッコリー、カリフラワー、タケノコ、ガパオ(ホーリーバジル)が入る。
私がこの店のパッキーマオに惹かれるのは、シーユーダムの濃い味付けに加え、
ニンニクとガパオの風味がしっかり利いているためなのだ。

チャオタイ
麺は乾麺戻しのセンヤイだ。
生センヤイを使ったパッキーマオを食べた経験があるが、あれは別料理だ。
乾麺戻し麺を炒めたパッキーマオにもそれなりの食感の良さがある。

チャオタイ
美味いのだが、やや辛さが足りないので卓上のナムプラープリックを足す。

チャオタイ
どういうわけか寒くなるとタイ料理店にはあまり足を向けなくなるが、
ふとパッキーマオやカオマンガイを無性に食べたくなることがあるので、
また来たい。

チャオタイ 川崎店タイ料理 / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

posted by こここ at 16:00| Comment(0) | 神奈川県 川崎市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。