2017年12月04日

とんかつ春(小田急相模原)…ちいさなイレブン

とんかつ春
相模原市でボリューム自慢のとんかつ店と言えば「とんかつ 赤城」だが、
それに次ぐ店との評判なのが「とんかつ春」である。
たまたま今日、近くに車で寄ったため、思い立って行ってみることに。

とんかつ春
午前11時半、店の脇の駐車場に車を停めると、
ちょうど店内から年配の主人が出てきて店頭に暖簾を掛ける。
バイクでやってきた年配男性一人客に続いて入店する。

とんかつ春
カウンターの一番端の席に座り、メニューを見る。
本来なら特ロースを注文するところだが、この店のカキフライは評判だ。
ロースかつにトッピングでカキフライをつけられそうにも思ったが、
年配の主人の様子を窺っていて、面倒な注文をする気分になれず、
カキフライ定食1,080円を注文する。
因みにメニューにない単品串カツをカキフライにつけた注文をした客がいた。

とんかつ春
卓上にはとんかつソースと醤油、七味唐辛子が置かれている。
店は老主人と、配膳を主に行う女性店員の二人で切り盛りされている。

とんかつ春
注文から16分ほどでカキフライ定食が出来上がってくる。
千切りキャベツにカボスがのり、和芥子とタルタルソースが添えられる。
大根の細切りの漬物と、油揚げとネギの味噌汁がつく。
ご飯はあらかじめ少なめで頼んである。

とんかつ春
カキフライは小さな一粒ものが11個盛られる。
確かに壮観だ。
しかし、二粒抱き合わせものなら5個程度のボリュームだから、
よく考えれば、あまり驚くほどの量ではない。

とんかつ春
実際食べてみれば、あっさりと食べきれる。
カキは潮っぽさはなくほんのりと旨味を感じる。
タルタルソースもいいが、カボスと醤油でもさっぱりして美味い。

とんかつ春
後で女性店員に聞くと、ロースかつは特が400g、上が250gもあるそうで、
特ロースは本当に「とんかつ 赤城」に比肩しうるレベルと言える。
カキフライは一人前の半数(5〜6個)ほどをトッピングできるよう。
最寄の小田急相模原駅から徒歩30分近くというアクセスの悪さに加え、
駐車場も駐車可能台数が少なく、訪問のハードルの高い店だが、
注文の自由度の高さは魅力的なので、頑張ってまた来たい。

とんかつ春とんかつ / 小田急相模原駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

ラベル:カキフライ
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。