2017年12月06日

とんかつ小料理 やまぶき(小川町)…かつ吉系の劣等生

とんかつ小料理 やまぶき
かつ吉系」は低温揚げ派のとんかつ屋の代表的な系譜と言っていい。
秋葉原の丸五を始め、柏の塩梅、金町のなどの良店が、
とんかつ界におけるこの系譜の評判と価値を高めている。
今年の6月にこの系譜から新店が生まれた、との情報を数週間前に得る。
肌寒い平日の午前、その「とんかつ小料理 やまぶき」に行く。

とんかつ小料理 やまぶき
開店時間の午前11時半にビルの3階の店に行き、カウンター席に座る。
先客はなかったが、私の後から次々に客の来店が続き、
15分もすると全17席の店内は満席となった。

とんかつ小料理 やまぶき

とんかつ小料理 やまぶき

とんかつ小料理 やまぶき
メニューを見る。
昼はランチ用と日替りのメニューからしか注文できない。

とんかつ小料理 やまぶき
夜用メニューにある特上ロースかつなどは注文できないことになる。
但し、牡蠣フライの1個単位のトッピングは昼でも注文できる。
ロースかつ定食(上)1,400円牡蠣フライ400円2個注文する。

とんかつ小料理 やまぶき
店は若い男女によって営まれている。
主人はHPによれば水道橋のかつ吉で5年間修業をしたのだそうだ。
浜松町のかつ正(新丸ビルかつ吉出身)以来のかつ吉系の新店となる。
(但し、かつ正は何故か年内で店を閉じるらしい。)
厨房には二つにセパレートされたフライヤーがあるのが見える。
つまり二種の温度の油を使って揚げているのだろう。

とんかつ小料理 やまぶき
卓上には醤油、岩塩、とんかつ用醤油、ソース、サウザン風ドレッシングが並ぶ。

とんかつ小料理 やまぶき
注文から12分ほどですべてが一気に出来上がってくる。
ロースかつとカキフライは同じ皿に、金網にのせられて盛られる。
別盛千切りキャベツ、奴、キュウリの浅漬け、なめこの赤出汁がつく。
かつをソースでも醤油でも塩でも食べたい私にとって、
和芥子入りの小皿が提供されるのはありがたかった。
なめこの赤出汁は敢えてぬるい状態で出しているようだが、
熱い方が絶対に美味いと思う。

とんかつ小料理 やまぶき
かつは肉の厚みが最大1.5p、肉だけで130〜140g程度のボリュームだ。
HPには、この店のとんかつは岩中豚を低温で揚げていると書かれている。

とんかつ小料理 やまぶき
肉は全体に脂身に富んで、断面がきらきらと光っている。
一方で、低温揚げらしく色の薄いコロモは肉から剥がれかかっている。

とんかつ小料理 やまぶき
食べてみると、肉はとても美味い。
赤身にも脂身にも旨味があり、
特に脂身は薄らと甘みを感じながら舌の上ですっと溶ける感じ。
しかし、コロモは二チャっとして油切れが悪く、肉との一体感もない。
低温揚げとんかつが陥る最悪の揚げあがり形だと言える。

とんかつ小料理 やまぶき
カキフライはロースかつよりややコロモの色が濃く、油切れも若干いい。
恐らくロースかつよりもやや高温で揚げているのだと思う。
1個400円は高いなぁと思っていたが、
半分に割ってみると小さな牡蠣が3個ほど抱き合わさっていた。
タルタルソースがついてくる。

とんかつ小料理 やまぶき
かつ吉系新店とのことで楽しみにしていたものの、
ロースかつは肉質はよかったが、揚げの仕上がりもボリューム面も残念だった。
若い主人は「いらっしゃいませ」も「ありがとうございました」も言わない。
目が合っているのに無視だから、とても気分が悪い。
水道橋のかつ吉では、調理も接客もうわべの修行しかしなかったと思われる。

とんかつ小料理 やまぶきとんかつ / 淡路町駅新御茶ノ水駅小川町駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8


posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 千代田区 神田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。