2017年12月14日

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店(小田原)…揚げの技術は凄いが

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
田むら 銀かつ亭」と言えば箱根は強羅の人気とんかつ店であり、
予約ができないなどの制約から訪問に高いハードルのある店である。
一方で小田原駅地下のHaRuNeにある支店はあまり認知されていないせいか、
昼どきはほぼ待たずに入れるのだという情報を得る。
平日の午前11時過ぎに、一人で行ってみる。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
入店し、一人であることを女性店員に告げると、
2人用テーブル席かカウンター席につくよう指示される。
煙草を吸うかどうか聞かれたので、店内は分煙なのだと思う。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
テーブル席につき、メニューを見る。
人気は看板メニューの豆腐かつ煮定食なのだろう。
ロースかつはメニュー写真を見る限りあまりサイズが大きくなさそう。
「カキフライは単品で追加することはできますか?」と女性店員に聞くと、
「はい、1,000円でカキフライのおかずだけをご注文いただけます。」
つまり一個単位での注文はできないということだ。
ロースかつ定食1,350円+税を注文する。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
卓上にはソース、醤油、七味、山椒、そして小袋の洋芥子が置かれる。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
洋芥子の小袋を置いている時点で、高級店であることを放棄している。
「田むら 銀かつ亭」はチェーン店化を目論んでいるのでは、と思ってしまう。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
注文から14分ほどで定食が出来上がってくる。
千切りキャベツは別皿に盛られ、あらかじめ胡麻ドレッシングがかかっている。
ポテトサラダ、赤カブとキャベツの漬物、わかめと豆腐の味噌汁がつく。
プラス150円でご飯とキャベツと味噌汁がおかわり自由になるそうだ。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
かつはコロモの色が見事な黄金色だ。
おそらく糖度の低いパン粉を使用し低温で揚げているのだろう。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
肉の厚みは最大で1.5p、肉だけで150g程度のボリュームだと思う。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
肉は和豚もち豚を使用しているらしい。
神奈川県中西部には何故かこの肉を使用するとんかつ店が多い。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
食べてみると、コロモがサクッとカチッとしていい感じ。
低温揚げでここまでの油切れ感はかなりの技術なのだと思う。
一方で肉の味わいは、赤身は淡泊すぎて旨味が薄く、
右側の片に豊富につく脂身は甘味こそないが融点が低く食感がよかった。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店
豆腐のかつが評判の店のとんかつなんて、と高をくくっていたが、
コロモの味わいや食感には見るべきものがあった。
強羅の本店には、いずれ行楽シーズンを外して行ってみようと思う。

田むら 銀かつ亭 HaRuNe小田原店とんかつ / 小田原駅緑町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

ラベル:とんかつ
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。