2017年12月19日

かつ久(鶴間)…細かいこと考えず腹いっぱいになろう

かつ久
13時過ぎ、相模原で仕事を終えて車で藤沢を目指す。
鶴間近辺で「霧島黒豚とんかつ」と書かれたデカい看板が目に入る。
いかにも企業系の風情だが、ほかに目あてがあるわけでもない。
駐車場に車を入れ、「かつ久」に行く。

かつ久
白木を基調とした清潔感ある店内はかなりの収容力がありそう。
満面の笑顔の女性店員に4人用テーブル席に導かれる。
店内は盛況で、家族連れやサラリーマングループなど客層は様々だ。

かつ久

かつ久

かつ久
卓上に用意されたメニューを見る。
本来であればプレミアムメニューの霧島黒豚ロースかつを注文すべきだろうが、
120gで税抜き1,390円はいくらなんでも高すぎる。
80gのかつが2枚盛られるW熟成ロースかつ定食1,090円+税を基本に決め、
単品のヒレカツ(小)350円+税牡蠣フライ2個490円+税を加えて注文する。

かつ久
注文を終えたところで店員から驚愕の言葉が繰り出される。
「当店はカレーとお茶漬けが取り放題となっております。」
店員が指差した方向に行ってみるとジャーに入ったご飯、麦ご飯、

かつ久
お茶漬け用の海苔、あられ、塩昆布、ふりかけ、

かつ久
そして『とんかつ屋がつくったカレー』が置かれる。
これらが全て取り放題とはもの凄く魅力的なサービスだ。
糖質制限中の身にはもの凄くつらいサービスだ。

かつ久
席に戻るとすぐに千切りキャベツと漬物が出てくる。

かつ久
卓上に置かれた二種(柚子、サウザン)ドレッシングをかけて食べる。
卓上には他にとんかつソースと岩塩が置かれる。
醤油は頼むとヤマサの既製の瓶ごと出てくる。

かつ久
注文から16分ほどで注文したものすべてが一気に出てくる。
里芋、大根、ゴボウなどが入った味噌汁がつく。

かつ久
かつは肉の厚みが5oくらい、コロモはきれいなきつね色だ。
ボリュームとしては80gだからカレースタンドのカツカレー用かつ程度だ。
脂身はそこそこついている。

かつ久
一切れ食べた時点でかつとして味わうよりカレーをかけるべきと判断し、
先ほどのカウンターからカレーを取ってきて、お茶碗カレーの状態にする。

かつ久
40年くらい前、小学校の給食で食べたようなカレーだ。
味気なくて、申し訳程度につけられた単調な辛味が悲しい。
カツと合わそうが合わさなかろうが美味くない。

かつ久
一方で牡蠣フライは一粒ものでなかなか旨味が強い。

かつ久
タルタルソースもいいが、レモン醤油でも美味かった。
牡蠣フライ定食すればよかったかな、とちょっと後悔する。

かつ久
ヒレカツ(小)は肉だけで60gくらい。
量的に足りないかと思って注文したのだが、
正直言って注文しなければよかった。

かつ久
あとで調べればすかいらーく系のとんかつ店で、まだ全国に三店舗しかない。
かつやや松乃家のような店舗数拡張の勢いはないので、苦戦しているのだろう。

かつ久
カレーとご飯、お茶漬け取り放題のサービスは目を見張るものがあるので、
質より量という向きには間違いなく好まれるはずだ。
いつまで存続するか、興味深く見守りたいと思う。

かつ久 大和鶴間店とんかつ / 鶴間駅南林間駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 神奈川県 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。