2017年12月20日

京華樓(日本大通り)…中華街で貴重な刀削麺

京華樓
私は幅広麺が大好きだ。
パスタのパッパルデッレやタイ料理のパッキーマオのセンヤイはもちろん、
きしめん、ひもかわ、花うどんに平打ち麺のラーメンも。
今日の昼は久々にからぁーい刀削麺を食べたいと、横浜中華街へ。
向かったのは中華街大通りにある四川料理店「京華樓」である。

京華樓
開店直後の午前11時5分くらいに店に行くと先客は無し。
近寄ってきた中国人女性店員に入口近くの4人用テーブル席に導かれる。

京華樓

京華樓
メニューを見る。
グランドメニューには10種の刀削麺があるが、
そのうちの4種が通常より安いお得なランチメニューになっている。
他の刀削麺の店で必ず注文する麻辣刀削麺がメニューにないため、
一番辛そうな四川坦坦刀削麺700円+税大盛200円+税で注文する。

京華樓
横浜中華街×刀削麺で調べると、意外と出てくる店は少ない。
横浜で刀削麺なら伊勢佐木町の華隆餐館を思い浮かべる人が多いだろう。
実際は中華街でも刀削麺を出す店は多いのかもしれないので、
いずれ練り歩いて調べてみてもいいかもしれない。

京華樓
注文から5分ほどで四川坦坦刀削麺が出来上がってくる。

京華樓
具は青菜、ねぎ、ぽろぽろに炒められた牛ひき肉が認められる。
濃いオレンジ色のスープが食欲をそそる。

京華樓
食べる。
美味い。
刀削麺の良さは厚みにムラがあって、
薄くてピロピロの部分と厚くてムッチリと弾力、歯ごたえのある部分と、
バラエティに富んだ食感を楽しめることだと思う。
この店の刀削麺はそれをまさに体現している。
但し、大盛はもの凄い量だった。

京華樓
スープは坦坦麺だから磨られた胡麻が入っているのだろうが、
甘味よりは酸味を強く感じる。
辛さはほどほどで、もうちょっと辛くてもイケそうだ。

京華樓
店は横浜中華街では珍しい本格四川料理の店であることを謳っている。
麻婆豆腐が看板メニューなのだそうだ。
来シーズンの横浜スタジアムのデーゲーム観戦の後にでも
また行ってみようと思う。

京華樓 中華街大通り店四川料理 / 日本大通り駅石川町駅元町・中華街駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 中華街 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。