2017年12月23日

ジジーノ(東銀座)…炭火焼は何故か心も暖まる

ジジーノ
12月23日が祝日なのは恐らく来年まで。
暮れの差し迫ったところでの祝日は
経営者団体あたりから廃止の要望があるのだろう。
有楽町、銀座と先行セールを物色した後、夕方に「ジジーノ」に行く。

ジジーノ
予約の17時半に店に行き、すぐに鍵とランタンを受け取って地下へ。
ワイン庫「せせらぎ」で赤ワインのボトルを選んで再び2階へ。
本日選んだのはプーリア州サンマルツァーノのプリミティーボ。
熟した果実感、凝縮感がよく香りも余韻もとてもよかった。

ジジーノ

ジジーノ

ジジーノ
黒板メニューを見る。
この日はスペシャルメニューとして鹿と鴨の二種の肉料理がある。
クセの強い肉が苦手な妻が髭のシェフにそれらの味をしつこく聞いている。
カウンター席でお店の人たちと注文の相談をするのも楽しい時間だ。
お店の二人はとても丁寧に答えてくれるから、尚更だ。

ジジーノ
本日のお通し(300円/人)はミネストローネスープ。

さて、本日注文した品は以下の通り。

ジジーノ
白レバーペースト500円

ジジーノ
炙られたバケットがラスクのよう、レバーは思ったほどクセがなかった。

ジジーノ
白身魚の炙りバーニャカウダソースサラダ900円
フリルレタス、ブロッコリー、ラディッキオ、紅芯大根等が入る。

野菜焼き二人前盛り合わせ1,280円

ジジーノ
一皿目は下仁田ネギ、レンコン、長イモ

ジジーノ
二皿目は辛味大根、天カブに大好物の肉巻き甘長唐辛子

ジジーノ
お口直しの千切りキャベツが出た後に

ジジーノ
ハンガリー産鴨胸肉炭火焼き1,800円

ジジーノ
鴨肉は若干のクセは感じたが旨味も強く、炭火の香ばしさも加わって、
力強い赤ワインにとてもよく合った。
挑戦した妻も「結構イケる」なんて言いながら完食した。

ジジーノ
この日もいつも通り、メインを食べたところでお腹いっぱい。
髭のシェフのパスタはラグーソースもカルボナーラも絶品なだけに
ちょっと心残りではあったが・・・
会計は二人で9,340円。
いいクリスマス前夜を過ごすことができた。
2017年も本当にお世話になった店だ。
新しい年も、お店の人たちと相談しながら注文を決めるのが楽しみだ。
久しぶりに髭のシェフにパスタの注文でわがままを言ってみたい。

ブラーチェ・エ・ヴィーノ・ジジーノバル・バール / 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

夜総合点★★★★ 4.5

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。