2018年01月07日

R Baker(大崎広小路)…使い勝手がウリの企業系ベーカリーカフェ

R Baker
私はよく、休日の昼に妻とベーカリーカフェに行く。
家から徒歩圏内なら武蔵小山のnemoに行くことが多いが、
最近はやや飽き気味で足が遠のいている。
今日は昨年10月にオープンした「R Baker Inspired by court rosarian」に行く。

072.JPG
東急池上線大崎広小路駅から3〜4分ほど歩いて店に行く。
店は一般的なベーカリーカフェに比べてかなり収容力があり、
カウンター席、テーブル席、一人客用大テーブル席があり、
広くて席間はゆったり取られている。

R Baker
この日はTOCの催事の帰りと思われる客で盛況だったが、
恐らく立地上は休日よりも平日が混みあうように思う。
奥の方のテーブル席を確保し、パンが陳列されるコーナーに行く。

R Baker
商品は惣菜パン、菓子パン、サンドイッチのいずれも豊富で、
高級ブーランジェリーと言うよりは庶民派ベーカリー的な品が多い。

R Baker
私が大好きなソーセージ、フランク入りの惣菜パンも豊富だ。

R Baker
パンを二つにコーヒーとハイネケンをカウンターで購入する。
カウンターに掲示されたドリンクメニューではハイネケンは500円だが、
実際の会計では600円取られ、これを店員に言うと、
「すみません、レジが正しいです。メニューを直しておきます。」
メニューを直せばいいということじゃないと思うんだけれどね。
店の姿勢を直してほしい。

R Baker
さて、商品が揃って席に持っていく。
パンは期間限定メンチカツサンド360円発酵バターのミルクフランス220円を購入。

R Baker
メンチカツサンドはコッペパンにレタスとメンチカツが挟まれ、
ケチャップととんかつソースを合わせたようなソースがかかる。

R Baker
パンにはバターとマヨネーズが塗られている。

R Baker
妻と半分に分けて食べる。
恐らくメンチカツは揚げてからあまり時間がたっていないと思われ、
肉にしっとり感が残り、わずかに肉汁も感じる。
半分でもボリュームがあり、なかなかの満足感だった。

R Baker
大阪王将や太陽のトマト麺を運営する「イートアンド」という会社の傘下で、
現在全国に11店舗あるから、ぎりぎり経営学上のチェーン店になるわけだ。
五反田のベーカリーカフェは駅の反対側に「IKEDAYAMA」があるが、
そちらは商品が高価でメニューにビール等のアルコールもないため、
こちらの方が圧倒的に使い勝手がよさそうだ。

アールベーカー インスパイヤー ド バイ コートロザリアン 五反田店パン / 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。