2018年01月14日

ジーテン(代々木上原)…胸が躍らない中華

ジーテン

何年も前から一度行ってみたいと思っていた代々木上原のジーテン。

高い評判はよく聞いていた一方で、

「自然派」「身体にいい」という中華料理らしからぬキャッチフレーズに、

強く心が惹かれることがなかったので、これまで足が実際に向かなかった。

いつまでも宿題店にもしておけず、思い立って行ってみることに。


ジーテン

年明けに電話で席を予約し、日曜のこの日、17時に店に行く。

先客はなく、壁際の小さなテーブル席に導かれる。

店は主人と思われる男性と女性店員二人で切り盛りされている。


ジーテン


ジーテン

個人店らしく、メニューの品数はあまり多くない。

特に〆の麺飯ものの選択肢の少なさにちょっと驚く。


ジーテン

ドリンクも選択肢が乏しく、ワインは無く、中国酒も種類は極めて少ない。

鍛高譚があるくらいだから、明らかにドリンクには力を入れていない。

しかし、やむを得ず注文したカメだし紹興酒はまずまずの味で、

歌舞伎町あたりの大陸式中華店で出てくるものよりはだいぶ上質だった。


この日注文した料理は以下の通り。


ジーテン

モヤシの湯葉巻き700円+税


ジーテン

胡麻ベースの甘いソースがかかる。


ジーテン

板春雨の海老巻蒸し1,400円+税


ジーテン

板春雨のムチッとした食感が特徴、XO醤っぽいタレで食べる。


ジーテン

キクラゲと卵の豚肉炒め1,400円+税

そのボリュームに、惨めな気持ちになる。


ジーテン

麻婆豆腐1,600円+税

絶品と聞いていたが・・・、これが1,600円か。


ジーテン


ジーテン

坦々麺1,000円+税


ジーテン

申し訳程度に入った挽肉を見て、さらに惨めな気持ちになる。

これ、美味いんだろうか。


ジーテン

店は18時半頃に満席となった。

客層は30〜40代の夫婦客が主だった。


ジーテン

会計は二人で8,400円くらい。

行く前からある程度は分かっていたつもりだったが、

やはり中華料理には見た目も味もワクワク感をかきたてられなければ、

とあらためて思ったのである。

草食系の、すかした人たち向けの店だと言っておきたい。

ジーテン中華料理 / 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅



夜総合点★★★☆☆ 3.2


posted by こここ at 21:00| Comment(0) | 渋谷区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。