2018年02月28日

赤煉瓦(関内)…激ウマ豚バラしょうが焼き

赤煉瓦
特殊な事前情報など、よっぽどのことがない限り、
これまでとんかつ屋でロースかつ以外の品を食べることはなかった。
しかしこの日、生姜焼きを注文したのは、ビビビっと来たからに他ならない。
JR関内駅南口から徒歩3〜4分ほどのとんかつ店「赤煉瓦」である。

赤煉瓦
開店直後の午前11時過ぎに店に行くと全27席の店内に先客は無し。
4人用のテーブル席に座る。
店はご夫婦と思われる年配の男女によって切り盛りされている。
外観、内観から相当長い歴史を持つ店のようにうかがえた。

赤煉瓦
メニューは壁に掲示されていて、卓上にはない。
店外のメニューを見てロースかつ定食を食べる気で入店してきたのだが、
店内のメニューでは赤煉瓦生姜焼定食950円だけ何故か赤字になっている。
かなり強い意志でのおすすめなのだろう、と判断し、これを注文する。

赤煉瓦
卓上にはソース、醤油、食卓塩のみが置かれている。
生姜焼定食にはこれらの出番はないだろう。

赤煉瓦
注文から9分ほどで出来上がってくる。
おでん的な大根とさつま揚げの煮物、きゅうりの漬物、ひじきがつく。
味噌汁にはわかめと三つ葉と豆腐が入る。
ご飯はあらかじめ少なめで頼んでいるが、おかわりができると言われる。

赤煉瓦
生姜焼きは脂身たっぷりの豚バラ薄切り肉だ。

赤煉瓦
食べる。
生姜がほんのり効いて、甘さがほとんどなく、
好みのど真ん中と言っていい。
ずっと永久に食べていたい生姜焼きだ。

赤煉瓦
タレが美味いから、浸った粗千切りキャベツも美味い。

赤煉瓦
正直言って、それほどとんかつの評判がいい店でもないから、
赤煉瓦生姜焼の赤字にビビビッと来て注文したのは大正解だった。
ややボリュームが乏しかったから、
おかず大盛や肉増しというB級食堂的メニューがあってほしいと心から思った。
また来る機会があったら、ダメもとでおかず大盛をお願いしてみよう。

とんかつ赤煉瓦とんかつ / 関内駅伊勢佐木長者町駅石川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

ラベル:生姜焼き
posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市中区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。