2018年03月08日

旭屋(京急蒲田)…いわゆるお年寄り向け食堂

旭屋
最近、大衆食堂に惹かれる。
生姜焼き定食におかずをもう一品と納豆をつけて、が気分である。
先日、京急蒲田駅前商店街の食堂、井戸屋に行った際に、
そのすぐ近くの路地に見つけた食堂「旭屋」に行ってみることにする。

旭屋
天気の悪い平日午前11時過ぎに行くと、全21席の店内に先客はなし。
二人用の小さなテーブル席に座る。

旭屋
(画像クリックで大きくなります。)

旭屋
(画像クリックで大きくなります。)
メニューは店外と入口側の壁の上部に掲示されている。
店外のメニューで生姜焼きを探したが無かったため、
それに相当しそうな焼肉350円+税ごはん小160円+税豚汁210円+税
加えてカキフライ350円+税納豆100円+税を注文する。
後で店内のメニューに豚ロース生姜焼きを見つけるのだが、
生姜焼きは豚バラ肉が好みなので後悔することもなかった。

旭屋
入口脇にお茶、調味料類、無料の漬物、有料の小鉢が置かれ、
いずれも客がセルフで取る仕組みだ。

旭屋
漬物用の小皿は用意されていないので、
料理やごはんが出てきたら、その皿を持って取りに行くわけだ。
店はおばちゃん二人で切り盛りされているのだが、
彼女たちの労力が可能な限りかからないようなシステムになっている。

旭屋
注文から2分後に納豆の入った小鉢が出てくる。

旭屋
更にその2分後に焼肉とごはん小、豚汁が一気に出来上がってくる。

旭屋
焼肉は狙い通り、豚バラ薄切り肉のしょうが焼きだ。
食べてみると甘さはほとんどなく生姜の効きもまずまず。
残念だったのは滲み出るタレがまったくなかったことで、
添えられた千切りキャベツをタレに浸して食べることができなかった。
まあ、“しょうが焼き”という名の品じゃないから仕方ない。

旭屋
焼肉の1分後にカキフライが出来上がってくる。
こちらはもう、笑っちゃうくらい小粒なものが4個。
揚げ過ぎて牡蠣が縮んじゃったんじゃないかと思うくらい…
タルタルソースなどは一切つかない。

旭屋
豚汁は味噌成分が薄くてかなりあっさりしている。
具も乏しい。
普通の味噌汁にすればよかった。

旭屋
そして納豆ごはんを食べる。
100円+税でネギが加わっているだけ良心的だと思おう。

旭屋
注文の自由度は高いがボリュームに乏しく味にパンチもない。
一言で言えばお年寄り向けの大衆食堂だ。
こういう店に出くわすことは、実は結構多い。
あと10年もすればこういう店に満足感を感じるのかもしれない。

食堂 旭屋定食・食堂 / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。