2018年03月20日

HUNGRY HEAVEN(目黒)…ワイルドで行きたかったが

HUNGRY HEAVEN
昔、ビートきよしが「雨の権之助坂」という歌を歌っていた。
意外とヒットしたんだよなぁ、なんて思いながら、
午前11時過ぎに目黒権之助坂を歩いて下る。
大好きなBistro-SHIN麺屋しみるにづゅる麺池田、大鳥神社にほど近い勝丸、
閉店しちゃったインド料理のルソイにイタリアンのサリータなどなど、
ここはもう何十年もお気に入りのグルメスポットであり続けている。
そんな中、向かったのは人気ハンバーガー店「HUNGRY HEAVEN」である。

HUNGRY HEAVEN
飲食店が集うビルの2階の店に入り、すぐに禁煙席に案内される。
入店の時点では先客は女性一人客が1人だけだったが、
10分もすると若いカップルやサラリーマンなどで店の半分の席がうまった。

HUNGRY HEAVEN
メニューを見る。
ソースはBBQソース、カレーソース、テリヤキソース、タルタルソース等が選べ、
スタンダードなヘブンソースを選択することにする。
中身は固定の組み合わせが10種ほどあるのに加え、カスタムメイドもできる。

HUNGRY HEAVEN
パティもチーズも2枚入るダブル&ダブル1,500円+税を注文する。
チーズをチェダー、モッツァレラ、その両方から選べると言われ、
両方でお願いする。

HUNGRY HEAVEN

HUNGRY HEAVEN
サイドはポテトフライがXSからMまでは平日限定で無料なので、Sを指定する。

HUNGRY HEAVEN
注文から3分で無料ドリンクのウーロン茶が出てくる。

HUNGRY HEAVEN
そして注文から6分ほどでハンバーガーが出来上がってくる。
上からチーズ、パティ、チーズ、パティ、オニオン、トマトの順で重なり、
カラメルコーティングしてからトーストしたというバンズに挟まれる。
ボリューム満点、壮観というほかない。

HUNGRY HEAVEN
上のバンズを上げてみると、チェダーの上にヘブンソースがかかっている。

HUNGRY HEAVEN
その下のパティはビーフ100%、つなぎなしだそうだ。

HUNGRY HEAVEN
卓上の包み紙を広げてハンバーガーを入れる。

HUNGRY HEAVEN
そして上下から手でギュッとつぶす。
かなりの弾力で、簡単に口に入るほどまでにはつぶれない。
口を目いっぱい開けて食べる。

肉汁や野菜の水分やソースなどの混じったものが口の中にほとばしる。
パティは粗挽き感がありふんわりとした食感ではない。
牛肉の旨味はほどほどで、味つけもシンプルなので、
見た目の壮観さの割にはワイルドさやパンチには欠ける印象だ。
バンズも印象的な見た目の割に香ばしさはそれほど感じなかった。
ひと味欠けると感じたが、卓上のマスタードは使用しなかった。

HUNGRY HEAVEN
他のソースならインパクトも変わるのかもしれない。
チリビーンズなどのトッピングを加えるのも面白そうだ。
会計をして店を出て、しばらくの間、肉の臭いにつきまとわれて、
ようやく肉肉しさを感じた。

ハングリー ヘブン 目黒店ハンバーガー / 目黒駅不動前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

ラベル:ハンバーガー
posted by こここ at 14:00| Comment(0) | 目黒区 目黒、中目黒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。