2018年03月28日

吉野家(武蔵小山)…吉野家に豚生姜焼きがあったなんて

吉野家
私は常々、豚バラ薄切り肉の生姜焼きが大好物だと公言しているのだが、
「ところでKOKOKOさん、吉野家の生姜焼きはいかがですか?」
「え!?吉野家に生姜焼きなんてあるの?」
「ありますよ、丼も定食も。知らなかったんですか?」
会社の若年メタボのN君とこんなやりとりがあった後、
武蔵小山商店街パルムの中にある吉野家に行ってみる。

吉野家
午後12時45分、全十数席の小さな店内に空席は1席のみ。
その席に座り、メニューを見ると、確かに豚生姜焼きがある。
生姜焼きがない店舗もあるらしいから、まあラッキーだった。
豚生姜定食特盛830円をご飯少なめで、あと納豆60円も注文する。

吉野家
20代の頃は吉野家の牛丼ばかり食べていた。
特に地方勤務の時は、変な個人飲食店に入るより吉野家の方がだいぶマシ、
というような地域も何ヶ所かあった。
BSE問題後の2006年の強引な米国牛肉輸入再開から、牛丼はすき家と決めたので、
吉野家には恐らく10年以上は来ていないはずだ。

吉野家
私の後に入店した客の牛丼が次々に客に運ばれるのを横目に待ち、
注文から4分ほどで出来上がってくる。
ご飯は少なめでも丼にかなりの量が盛られてくる。
わかめの味噌汁、千切りキャベツ用の梅ドレッシングがつく。

吉野家
生姜焼きは一見して見事に豚バラ薄切り肉である。
ご飯の丼がデカいせいで対比的に特盛の肉の量はあまり多く見えないが、
実際食べてみると、かなりの量であることが分かる。
味つけは吉野家らしく甘辛で、正直言って好みのど真ん中の味ではないが、
コストパフォーマンスも高く、まずまずの満足感だった。

吉野家
パックで出された納豆には別皿のネギが付き、これで60円はありがたい。
かつてよく来た頃は牛丼しか食べなかったから、
吉野家に納豆があることも知らなかった。

チェーン店で生姜焼きなら、すた丼の店の方が美味いと思う。
ただ、生姜焼きだけでなく、昔よりもメニューがかなり多彩になっている。
ベジ黒カレーや鯖味噌定食等の牛肉以外の品は一度食べてみたいと思うし、
吉野家は吉野家で頑張っているんだなあ、と思った。

吉野家 武蔵小山店牛丼 / 武蔵小山駅西小山駅戸越銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1

posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 品川区 武蔵小山、西小山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。