2018年03月30日

えどまつ(茅場町)…炭火焼の香ばしさに満ちた重

えどまつ
新橋にて午前の仕事に区切りがついたのが午後12時40分頃。
今日はどうしても焼鳥丼の気分なのだ。
虎ノ門まで歩いてとり安や鳥与志もいいが、未訪の念願店が頭に浮かぶ。
地下鉄銀座線、日比谷線と乗り継いで茅場町へ。
向かったのは駅から徒歩2分の焼鳥店「えどまつ」である。

えどまつ
13時10分頃の入店で全28席の店内に空席はカウンターの2席のみ。
その内の1席に座る。
テーブル席は相席になっているところもあり、かなりの盛況だ。
客層は背広姿の年配男性一人客が多いが、女性一人客もいる。

えどまつ

えどまつ
念願の焼鳥盛合せ重を注文すると、今日は終わってしまったという。
失意の中、メニューを見る。
焼鳥が4本入るえど重も終わってしまったそうだ。
正肉焼鳥2本と牛カルビがのるまつ重950円おかず増量300円で注文する。

えどまつ
フロアは若い女性店員が一人で賄っている。
カウンター前の厨房では主人らしき男性がひたすら肉を炙り焼きしている。
厨房には新人らしき店員がいて、男性から厳しい指導の声が飛び続ける。
本当にこういうことは客の聞こえないところでやってほしいと常々思う。
昼飯食ってる時まで人から怒られているような気持ちになるのが嫌なのだ。

えどまつ
なんと注文から29分もかかって出来上がってくる。
そりゃあ混むわけだよ。
シジミの味噌汁がつく。

えどまつ
重の蓋を開けると、炭火焼の香ばしい香りがたち込める。

えどまつ
右に焼鶏が2本、左に牛カルビ焼がのせられている。
はっきり言って、メニューのまつ重の写真とボリュームは変わらない。
並でも焼鳥は2本入るようだし、牛カルビの量も多そうには見えない。
食べログの先行レビューのまつ重並盛の写真ともまったく変わらない。
後で料金はしっかり取られたのでおかず増量に300円の価値はないと言える。

えどまつ

えどまつ
食べる。
おかず増量の是非はともかく、うわもののボリュームは結構ある。
それに比してご飯の量が少なく、ちょっと食べる人は大盛にすべきだろう。

えどまつ
焼鳥はもも肉で、意外にも塩焼きだ。

えどまつ
牛カルビ焼はタレの味がついているがそれほど濃くはない。
ご飯にはたっぷりタレがかかっていてクドいほど甘くなっているので、
うわものとのバランスをとっているのだろう。
焼鳥も牛カルビもとにかく炭火の香ばしさが強いのが印象的だった。

えどまつ
13時30分には店内の席にだいぶ余裕ができたが、
13時40分頃には主人からフロアの女性店員に
「あと一人でおしまい!」の声が飛んだ。
焼鳥盛合せ重を食べたければ開店の午前11時に来た方がよさそうだ。

かやば町えどまつ焼き鳥 / 茅場町駅日本橋駅八丁堀駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

ラベル:焼鳥丼 焼鳥
posted by こここ at 15:00| Comment(0) | 中央区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。