2018年04月09日

悟空(不動前)…こんな程度の満足感の店だっただろうか

040.JPG
久々に昼どきに東急目黒線不動前駅界隈にやってくる。
かつてはこのあたりの店でよく昼飯を食べたはずだが、
いい印象や思い出が残っている店があまり思い浮かばない。
ならばと、約1年前に武蔵小山から移転してきた「悟空」に行く。

015.JPG
駅前の雑居ビルの2階、かつて「鴻元食坊」があったところに店はある。
13時半過ぎに入店すると三十数席ほどの店内に先客は8人ほど。
但し数人の一人客が4人用卓を占拠しているため、空卓はあまりない。
たまたま空いていた2人用テーブル席に座る。

006.JPG

008.JPG

010.JPG

016.JPG
メニューを見る。
卓上にはランチメニューしか置かれていないが、
頼めば通常メニューを出してくれ、もちろんそこからの注文も可だ。
焼きギョーザが税別280円から税別390円になるなど、
武蔵小山時代よりだいぶ値上がりし、メニュー構成も変わっている。
細切肉あんかけ焼きそば880円+税四川式マーボードウフ590円+税
を注文する。

018.JPG
武蔵小山時代に幾度か来ているが、来るたびに満足感は薄れていった。
同じ悟空なら五反田店の方が美味いと常々思っていた。
悟空は他に渋谷店や銀座店があったはずだが、
これらの店が現在、経営的なつながりがあるかは不明だ。

034.JPG
注文から10分ほどで四川式マーボードウフが出来上がってくる。
ランチメニューの750円の定食のおかずと全く同じ内容のようだ。


029.JPG
豆腐と挽肉と山椒と豆豉が見え、ねぎや葉ニンニクはない。
食べてみるとかなり甘めで、味噌味が強いように感じる。
いわゆる本格四川の、ご飯にかけてかき込みたいような感じはない。

049.JPG
その1分後にあんかけ焼きそばが出来上がってくる。

059.JPG
あれ?以前はもっと焼きそばの盛りが良かったような気がするが…

052.JPG
具は細切り豚肉、青梗菜、タケノコのみ。
味つけは塩味ベースで特に複雑な味わいもなくシンプル…
と言うよりも、ひと味もふた味も足りない印象だ。

065.JPG
麺は縮れ中細麺、焼き目のつく部分も香ばしくない。

067.JPG
「出すの忘れてました。」と中国人女性店員がスープを持ってくる。
掻き玉とコーンの出来合いっぽい中華スープ。
これが一番美味かったのは、とても悲しいことだ。

003.JPG
値上げに加えてボリュームも減ったことでCPのアドバンテージは消え、
そもそも味に関しては以前からそれほど質は高くなかったから、
きっと一介の大陸式中華店として埋没していくのだろう。
最近バカに出来ない大陸中華の店も多いので、なおさらそう思う。

中華料理 悟空中華料理 / 不動前駅大崎広小路駅五反田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8

posted by こここ at 15:04| Comment(0) | 品川区 五反田、大崎広小路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。