2018年04月18日

かつや(新横浜)…チェーン店のダブルカツカレー

016.JPG
ブログをやっていると、どうしてもチェーン店での飲食は避けるようになる。
でも幕張、大崎、つくばなどの新興ビジネス街に行くと、
ほぼチェーン店や企業系飲食店しかランチ店の選択肢がない。
新横浜もそうだ。
駅併設のレストラン街にあるかつやに行く。

010.JPG
午前10時半過ぎ、全25席の店内に先客は背広姿の男性一人客ばかり5人ほど。
小さな2人用テーブル席につく。

003.JPG
注文は決まっている。
カツを2枚のせたリッチなカツカレーを食べたい気分で、
新横浜の地でそれを実現するにはかつや以外の選択肢がなかったのだ。

013.JPG
カツが2枚乗るカツ丼(松)にも惹かれることは惹かれるのだが…
カツカレー(松)1,026円を注文する。

007.JPG
私は決してチェーン飲食店を忌み嫌っているわけではない。
すき家の牛丼やほっともっとの特のりタル弁当は大好きだし、
すた丼、丸亀製麺、銀座アスターなども好きな店だ。
でもチェーン店の記事はブログで新鮮味がなさそうに感じるため、
なるべく避けるような気持ちになっている。

かつやも前述の店たちと同様、いい印象を持っている。
今から20年近く前、当時働いていた多摩地区に店舗が数店出来て、
東大和や羽村の店によく行ってカツカレーを食べた。

2008年頃、かつやのカレーが劇的に美味くなった。
その後、カツ丼と同様にカツカレーもカツ2枚のせが可能になった。

023.JPG
注文から4分ほどで出来上がってくる。

026.JPG
約80gというカツが2枚、ご飯の上に横たわり、
具が全くないカレーがかかる。

029.JPG
カツはセントラルキッチン方式で作られたものを
注文を受けてから店舗で揚げて出しているのだと思う。
北米産の豚肉を使用しているよう。
かつやのカツのキモはサクッとした食感の目の粗いコロモだ。
カレーをかけてもサクサク感を失わないというコンセプトだ。

039.JPG
カレーは辛さはCoco壱番屋換算1辛程度で酸味が強い。
もったりとカツ、ご飯とからみ、まずまずの味わいだと思う。

002.JPG
かつやではロースかつを定食で食べようとは思わないが、
カツ丼、カツカレーなら、ときどき食べたいと思わさせられる。
松乃家と迷ったら恐らくかつやに来る。
カレーに辛口、極辛口の選択が出来たらいいのに、と思う。

かつや キュービックプラザ新横浜店とんかつ / 新横浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 12:00| Comment(0) | 神奈川県 横浜市港北区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。