2018年04月28日

立飲・ビストロシン サンテ(目黒)…ふきのとうがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!

068.JPG
待ちに待ったビストロシンのふきのとうの料理。
例年通り、シェフの故郷の魚沼からどっさり入荷とのこと。
フリットにリゾットに…考えただけで胸が躍る。
GWスタートの土曜日夕方、ビストロシン サンテに行く。

070.jpg
17時半の入店の時点でいつもながらの大盛況。

071.jpg
いつも通り、店中に貼られたメニューを見回す。
新メニューチェックをしつつ、今日の組み立てを考えるのだ。

008.JPG
ドリンクは飲み慣れたBLEASDALE。
オーストラリアのシラーズ、赤スパークリングだ。

011.JPG
お通しは雪下人参とこごみのサラダ。

017.JPG
さて、この日の料理一品目は蕪とクレソン550円+税だ。
終盤に重いものを持ってきたいから序盤のサラダ系は軽めに、
という作戦である。
カブは熟れた梨のような食感でとても瑞々しい。

026.JPG
二品目はタケノコとふきのとうのフリット850円+税
待ってましたのふきのとうである。

029.JPG
「今年は三店舗分仕入れなきゃいけないから大変じゃないですか?」
「次から次に入ってくるから大丈夫ですよ!」
女将さんの力強い言葉に食欲も進むのだ。

034.JPG
メインは牛ハラミ豪快ステーキ、ハツも一緒に1,350円+税
今日は何となく牛肉の塊を思い切り食べたい気分だったのだ。

049.JPG
妻がハラミを、私がハツを重点的に食べる。
肉は弾力があり、肉肉しさを存分に味わえる。
バジル味のソースが美味い。

052.JPG
ここでトリンケロ・バルベーラというグラスを一杯注文。

059.JPG
そしてラストはもちろんふきのとうのパルミリゾット950円+税だ。
ああ、10か月ぶりの出会い…
以前よりパルミジャーノの粉っぽさが残っているような…
それでも美味い。
やはりこれは絶品だ。

002.JPG
会計は二人で10,000円をほんのちょっと切るくらい。
2号店にも久々に行ってみたい気もしたのだが、
土曜日はおかみさんがサンテにいると言うので、
約1か月後のサンテの予約を入れ、店を後にした。

立飲・ビストロシン サンテビストロ / 目黒駅不動前駅白金台駅

夜総合点★★★★ 4.5

posted by こここ at 00:00| Comment(0) | 品川区 上大崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。