2018年04月29日

OPUS ONE…GINZA SIX地下のエノテカにて

001.JPG
生まれて初めてOPUS ONEを飲んだ。
エノテカGINZA SIX店の有料テイスティングコーナーにて。
もちろん、こんな高級なワイン、飲んだのは初めてだ。

006.JPG
食事の予約時間までちょっと間があったので、
松屋地下のAELかエノテカに行って時間をつぶそうと考えたのだが、
スマートフォンのニュースで天皇賞の馬券が当たったことを知り、
気持ちが大きくなって、エノテカに向かったのである。

007.JPG
テイスティングコーナーで2014年のOPUS ONEを
1杯3,500円+税で飲めることを確認する。
(ボトルは50,000円+税で売られている。)
因みにラトゥールやムートン・ロートシルトは1杯8,000円以上だ。
但しリーズナブルなワインなら500円くらいからある。

で、1杯購入し、妻と一緒に飲むことに。
注がれたグラスは冒頭の画像の通り。
笑っちゃうほどちょっぴり。

010.JPG
飲んでいる間、変なおばちゃんがやってきて、
カウンターに置かれたOPUS ONEやラトゥールなんかのボトルを
一生懸命デジカメで撮影して、
何も買わず飲まずに去って行った。
きっと、飲んだことにしてブログを書くのだろう。

011.JPG
正直、量がちょっと少な過ぎて味はよく分からなかった。
いつも我々が飲んでいるワィンより酸味が少ないことは感じたが…
まあ、TVの芸能人格付けなんか見ててもよく分かるように、
飲みつけていない人が飲んでも良さは分からないということかも。
ラベル:ワイン
posted by こここ at 18:00| Comment(0) | 中央区 銀座、東銀座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。