2018年04月30日

俺のカツマサラその2〜Nirvanamのカレーで

082.JPG
GWの中日の3日間、妻は友達と泊りがけで出かけるので家にいない。
この間、野望とも言える新たなカツマサラづくりに挑戦したい。
だから、昨日Nirvanamに行ったのである。
カレーをテイクアウトし、それを用いてカツマサラを作るために。

049.JPG
前日のリポート通り、チキン・ハイドラバディレモンライスを購入。
チキン・ハイドラバディはココナッツベースのカレーなのだが、
Nirvanamのカレーの中でデフォルトでは最も辛い品だ。
これを更にヴェリーホットで注文している。
テイクアウト価格は不明だが、店内価格は1,400円だ。

061.JPG
レモンライスは南インドのポピュラーな家庭料理だそうで、
インディカ米(長粒米)をマスタードシード、クミン等のスパイスや、
いんげん豆、カシューナッツ、唐辛子、カレーリーフなどと炒め、
レモン汁を絞ったもの。
米の鮮やかな黄色はレモンではなくターメリックだ。
これもテイクアウト価格は不明だが、店内価格は1,000円だ。
実はパラクライスという緑の炒りごはん品があり、
そちらの方がヴィジュアル的に面白いと思っていたのだが、
今はメニューから外しているとのことで注文できなかった。

これらを冷蔵庫で冷やしておき、翌日朝に出して常温に戻す。

064.JPG
量が多かったら残りは凍らせておくよう妻から命じられていたので、
その通りにし、おおよそ半分を皿に盛る。

057.JPG
さて、肝心のとんかつだが、
俺のカツマサラその1ではイマカツの分厚いカツを使用して失敗した。
カツカレーのカツは本格的なとんかつである必要はないという結論だ。
そこで、さぼてんのデリショップで惣菜カツを買うことに。
スーパーの惣菜でもいいのでは、とも思ったのだが、
せっかくの機会を無駄にしたくないために…

059.JPG
三元麦豚ロースかつ516円イベリコメンチカツ268円を購入。
カツが合わなかった時のためにメンチも買っておいたのだ。

067.JPG
とんかつとメンチはレンジでなくオーブンの揚物モードで加熱する。

070.JPG
カツは肉の厚みが最大で1p、肉だけで120〜130g程度のボリュームだ。

072.JPG
メンチカツには粗みじん切りの玉ねぎが練り込まれている。

076.JPG
レモンライスとカレーをテイクアウト容器のまま一度レンジにかけ、
その後それらを皿で合わせてラップをし、再度レンジで温める。

094.JPG
できた。

086.JPG
見た目はなんとなく微妙だ。

101.JPG
まず、カツにカレーをかけて食べてみる。
うーん、全然合わない。

108.JPG
カレーだけ食べてみる。
もの凄く美味い。
ややモッタリめでチキン片が入り、複雑なスパイス感がたまらない。

110.JPG
メンチカツにカレーを合わせて食べてみる。
うーん、とても美味くない。
まったく合わない。
メンチカツが甘すぎてカレーの旨味を削っている。

105.JPG
カレーとレモンライスだけで食べてみる。
当たり前だが、もの凄く美味い。
カツやメンチを合わせたのが罪悪と思われるほど美味い。

096.JPG
俺のカツマサラその2も失敗に終わった。
Nirvanamのチキン・ハイドラバディはカツに合うはずだ、
という想定は間違っていた。
更に、インディカ米はカツカレーのライスにふさわしくなかった。
考えてみれば、長粒米のカツカレーを食べたのは生まれて初めてだ。
やはりカツマサラのカレーはカシミール的黒カレーしか
あり得ないのだろうか。
総額3,000円を裕に超えるカツマサラは徒労だった。
posted by こここ at 12:00| Comment(0) | 家でごはん 自作カツカレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。