2018年05月03日

サルサカバナ CENTRO(新橋)…路地裏メキシカンで陽気に飲もう

129.JPG
GW後半初日の晩は新橋のメキシコ料理店「サルサカバナ」。
前日の嫌な飲み会の記憶を引きずりたくないから、
陽気に楽しめそうなメキシカンを予約していたのは都合がいい。
ちょっと迷った末、細い路地に店を見つける。

095.JPG
予約の17時半に店に行き、禁煙の2階フロアに上がる。
既に4人家族客が二組と若い女性二人組の先客がいるが、
我々の滞在中に後から入店してくる客はなかった。
テーブルが小さくて席間が狭く、従って通路も狭い。
たまたま隣の席が空いていたからよかったが、
満席ならかなり圧迫感があっただろう。
我々の席のすぐ横に常に女性店員が立っているため、
なんとなく居心地がよくなかった。

094.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

098.JPG
ドリンクはメキシコ産のシャルドネをボトルで。
フレッシュで飲み口のいい、あまり好みでないタイプだった。

102.JPG
さて、この日の料理一品目は焼きナチョス680円+税である。
通常のナチョスにはワカモレやサワークリームがのり、迷ったのだが、
店員の勧めでこちらを選択した。

118.JPG

117.JPG
店内の隅にホットソースが二種類置かれていて、
これを席に持ってきて使いながら食べる。

104.JPG
普通に食べるよりも俄然美味くなる。

110.JPG
二品目はグリルチキンのクリーミーサラダ880円+税
だいぶメニュー写真と違ったのが残念だった。
トスターダのようなものにすればよかった。

121.JPG
三品目はメキシカンハラミのビフテキ1,080円+税が出る。
熱い鉄皿で出され、ポテトフライ、ブロッコリーが一緒に盛られ、
サルサソースが真ん中にのせられている。
トルティーヤを頼んで、巻けばいいのかもしれないが、
この後ご飯ものを注文しようとしていたのでやめておく。

137.JPG
そのご飯ものがドリアエンチラーダ980円+税
これも熱々の鉄皿で出される。
実はフラワートルティーヤにご飯が巻かれチーズ焼きにされたものを
勝手に想像していたのだが、だいぶ違った。

142.JPG
一見はメキシカンピラフのトマトチーズ焼きのような感じだが、
食べてみるとタコが入り、イカ墨やえび味噌のような味がし、
つまりパエリアのような味わいだったのである。
なかなか美味かった。

149.JPG
ここで海のフローズンマルガリータ800円を注文する。
森のフローズンマルガリータもあり、それは緑色だ。

157.JPG
つまみにチョリソのメキシカン春巻き仕立て780円+税を注文。
妻は、これがこの日の料理で一番美味かった、と言っていた。
揚げたコーントルティーヤとサルサはやはりよく合う。

091.JPG
この日の会計は二人で8,856円。
ドリアや春巻きなど変化球的なメキシコ風料理が面白かった。
ウリの溶岩なべは食べなかったが、そこそこ楽しめた。
平日の夜遅くに二軒目、三軒目でマルガリータを飲みに来るのも
よさそうだ。

サルサカバナ セントロメキシコ料理 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3

posted by こここ at 20:00| Comment(0) | 港区 新橋、汐留 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。