2018年05月08日

いずみカリー(代々木)…ステレオタイプの大阪風カツカレー

037.JPG
久々に辛ぁーいカツカレーを食べたい気分だ。
カツマサラでなくてもいい。
たまたま午前の仕事が千駄ヶ谷近辺だったため、
徒歩圏内で調べて見つけた「いずみカリー」に行くことにする。

025.JPG
開店直後、午前11時過ぎの入店で先客は若い男性一人のみ。
席はカウンター席10席のみだから、いわばカレースタンドである。

021.JPG
(画像クリックで大きくなります。)

033.JPG
メニューを見る。
トッピングは豊富だが、辛さ調節に関する記載が一切ない。
事前情報から辛く出来ると思っていたのだが…

皮付豚バラブロックカリーにとんかつトッピングを注文すると、
皮付豚バラはまだ仕込まれていないと店員に言われる。
ならばと、
とんかつカリー1,000円とんかつトッピング320円を注文する
つまりダブルカツカレーである。
辛さの調節ができるか聞くと、「辛くはできる」と言われ、
「じゃあ辛くしてください。」とお願いする。

027.JPG
すぐにポテトサラダが出てくる。

039.JPG
注文から14分後に出来上がってくる。
ラグビーボール型に盛られたご飯にもったりめのカレーがかかり、
肉の厚みがないカツが2枚、重ならないように盛られる。

056.JPG
かつは肉の厚みが最大0.7pくらい。

062.JPG
脂身は端っこの片にそこそこつく。
肉のボリュームは一枚80g程度だと思う。

064.JPG
食べてみると、もったりめのカレーは甘さが前面に立ち、
後から辛さを感じてくるという、いわゆる典型的大阪カレーの味だ。
辛くしてもらった筈だが、かなりパンチ不足。

031.JPG
やむを得ず卓上の辛味スパイスを足す。

065.JPG
著しい変化はない。
辛味スパイスは、スーパーでも買える既製のガラムマサラと
ほとんど質は変わらないのではないかと思う。

043.JPG
大阪カレーの典型から全く外れないカツカレーだった。
もったりめのカレー、甘さの奥にピリッとする辛さがある、
カレーソースの量が少ない、カツがしょぼい、
といったらしさの条件を見事にすべてクリアしている。

015.JPG
上等カレーインデアンカレーはまだ健在で頑張っているが、
自由軒、船場カリー、スズメバチはうまくいかなかった。
都内でCoco壱番屋以外のカレーチェーンは成功しない、
と言われて久しいが、
大阪カレーのジャンルは都内で確立していくのだろうか。

いずみカリー 千駄ヶ谷店カレーライス / 代々木駅北参道駅千駄ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

posted by こここ at 13:00| Comment(0) | 渋谷区 その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。