2018年05月17日

北海道らーめん 楓(京急蒲田)…奇をてらわない味噌ラーメン

103.JPG
ひと仕事終え、京急蒲田駅前の商店街に入る。
昼12時過ぎ、ランチのピーク時だから、
次の仕事を終えてから昼飯にするか、と駅に向かうが、
通りがかった味噌ラーメンの店がまだ空席がありそう。
予定変更で、その「北海道らーめん 楓」に入ることにする。

084.JPG
奥めのカウンター席に座る。
この後続々と客の入店が続き、10分ほどでたちまち満席になる。
入店のタイミングがよかったとしか言いようがない。

090.JPG

088.JPG
メニューを見る。
一応、しょうゆも塩もあるが、主力メニューは味噌らーめんだ。

096.JPG
但し、周囲を窺っていると、一番人気は辛味噌らーめんのようだ。

093.JPG
これにバラチャーシューをトッピングし、
おにぎりセットにして注文する客が多かった。
と言うか、ほとんどの一人客がそう注文していた。
私は味噌らーめん790円特製バラチャーシュー300円
更にバター50円のトッピングを注文する。

086.JPG
卓上にはごま、胡椒、一味唐辛子、にんにくおろしのほかに、
餃子用と思われる醤油、酢、ラー油が置かれている。

099.JPG
注文から7分ほどでラーメンが出来上がってくる。
丼の表面を1枚の焼海苔が覆っている。

110.JPG
これをよける。
いわゆるよくある札幌ラーメンのような、
炒められたもやしやキャベツがどっさり入るわけでなく、
何となくこじんまりした見た目である。

117.JPG
麺はよくある黄色い中細の縮れ麺。
やはりオーソドックスな味噌スープにはこれが合うのだろう。

112.JPG
特製豚バラチャーシューは分厚いチャーシューが3枚入る。

114.JPG
直火で炙られているようで、焼き目が香ばしい。
バラ肉だから脂身に満ち、ホロホロと崩れるほど軟らかい。
因みに楓は雑色や平和島など近隣にも店舗があるが、
特製バラチャーシューはこの京急蒲田店のみのメニューらしい。

119.JPG
デフォルトのらーめんに入る薄いチャーシューも認められる。
ロース肉なのだと思う。

078.JPG
なかなか美味かった。
濃厚で甘ったるいスープでなくてとてもホッとした。
また来ることがあれば、やはり辛味噌を食べてみたい。

楓 京急蒲田店ラーメン / 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


posted by こここ at 14:14| Comment(0) | 大田区 蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。