2018年06月04日

MAJI CURRY(神保町)…カレーの街の新店の激辛ダブルカツカレー

030.JPG
トレッキングシューズを物色するため久々に神保町にやってくる。
昼飯はやっぱりカレーだ。
パンチマハルカーマあたりが好みで、久しぶりに行ってみたいが、
今日は今年4月オープンの新店「MAJI CURRY」に行くことにする。

006.JPG
午前11時の開店と同時に店に着き、入口脇の券売機の前に立つ。

007.JPG
デフォルトでカツが二枚乗るダブルカツカレーがメニューに存在する。
よく、カツカレーにもう一枚カツをのせるという注文をすると
店員から奇怪な目で見られる(ような気がする)ケースがあるので、
あらかじめこういう選択肢があるのはありがたいことだ。
ダブル豚カツカレー1,100円ルー1.5倍150円激辛(5倍)100円
の食券を買う。

009.JPG
店は全10席と小さく、若い三人の店員で切り盛りされる。
私の後に若い中国人男性旅行客三人組が入ってくる。

012.JPG
店内にはスパイスの粉末が入った瓶が置かれ、
本格派を演出しているかのようだ。
卓上にはガラムマサラ風の粉末スパイスミックスと、
福神漬ならぬ“神福漬け”が置かれる。

017.JPG
注文から8分ほどで出来上がってくる。
皿がかなり大きく、ボリュームはそこそこありそうだ。

028.JPG
さっそく食べる。
カレーは日本的なものをイメージしていたが、
意外ともったりせず、甘味もほどほどでスパイス感がある。
辛さは激辛でCoco壱番屋換算4.5くらいだろうか。
私にはちょうど良かったが、激辛好きならその上の炎辛もイケるだろう。
単純にカイエンペッパーなどでつけた辛さでなく、うまく調和している。

040.JPG
カツは揚げたてがのる。
肉だけで一枚100g程度と思われ、高温で揚げられ薄くカットされている。
コロモが肉から剥がれにくいのがいい。

044.JPG
肉質も悪くないようで肉自体にまずまず旨味がある。
カレーにはっきりとした甘味、酸味、辛味、苦味があるから、
カツともとても相性がいいように感じる。

033.JPG
件の神福漬けは一般的な福神漬とあまり味が変わらないように感じた。

002.JPG
神保町は言わずもがな、カレーの激戦地だが、
カツカレーとなればまんてん、キッチン南海がライバルになると思う。
それらよりも上とまでは言えないが、充分戦いうる質だと思った。
いずれ他のトッピングも試すために来てみたい。

MAJI CURRYカレーライス / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。